千葉大など、「身に付けるイス」を開発 - 医療現場の負担軽減に

 

千葉大学(千葉大)はこのほど、医療スタッフ用ウェアラブルチェア「archelis」を開発したと発表した。

同成果は同⼤フロンティア医⼯学センターの川平洋 准教授、中村亮⼀ 准教授がニットー、⻄村拓紀デザイン、⽇本⾼分⼦技研の共同開によるもの。

「archelis」は長時間の外科手術などで立ちっぱなしになる医療スタッフの負担軽減を目的に開発されたもの。下半身に身につけることで、手術室内での歩行移動を妨げることなく、必要なときに中腰姿勢で座ることが可能となる。

「archelis」(左)および使用イメージ

具体的には、膝および足首の角度を固定し、スネと大腿部の広い面積のサポートで体重を支えることで、術中の筋肉疲労を軽減し、安定した長時間の姿勢保持を実現する。また、片足ずつ独立したセパレート設計となっているため、姿勢に合わせてスタンスを自由に取る事ができる。パワーアシストスーツなどと異なり、下肢の姿勢保持のみに特化した設計となっているため、手術室での確実な動作と軽量・コードレス化などのメリットもある。

現在、改良試作と評価が進められており、2016年夏頃の製品化・上市を目指している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

中古バイクを格安レストア 第7回 タイヤを新品に交換する
[09:00 9/25] ホビー
500円で特製ローストビーフ食べ放題!? 肉バル「カンビーフ」へ急げ!
[09:00 9/25] 趣味
どうしてiPhone 7では強制再起動の手順が変更されたの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[09:00 9/25] スマホとデジタル家電
三井不動産、台湾中部にアウトレットの開発を決定 - オープン予定は2018年
[09:00 9/25] 趣味
餃子女子必見! 定番から最新餃子まで食べ比べできる「餃子フェス」開催
[09:00 9/25] 趣味