SUN’S CAFE、Pepperの設定に「Smart at robo for Pepper」を採用

M-SOLUTIONS(M-SOL)は1月14日、太陽ハウジングの運営するカフェ「SUN’S CAFE」が、M-SOLのPepper動作設定サービス「Smart at robo for Pepper」を導入したと発表した。

店頭で接客対応を行うPepper

Smart at robo for Pepperは、プログラム開発ソフト「Choregraphe」とサイボウズの開発プラットフォーム「kintone」を連携させることで、Pepperの会話や動作を簡単に設定できるサービス。

通常、Pepperの個別動作の作成や追加の開発を委託すると数百万円以上かかることが多いが、同アプリケーションを利用すると、プログラミングの知識を持たないユーザーでも、Web画面から、挨拶やディスプレイ表示などの設定ができ、自由にPepperを動かすことが可能になる。

SUN’S CAFEでは、2015年9月よりPepperを店頭に設置しているが、Pepperを動かすためのアプリ開発に、手間やコストが掛かる点が課題となっていた。

これを解決するため、2015年12月下旬にSmart at robo for Pepperを導入。従来のPepper向けアプリケーション開発期間よりも短い3週間で、カフェのスタッフ自身がPepperアプリの設定を完了することができたという。これにより、今後は定期的なセリフ・動作の変更もカフェの従業員が行えるようになることから、Pepperの本格的な活用を目指す予定だという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事