東芝、小型で軽量なメガネ型ウェアラブル端末を発表

東芝は1月13日、インフラの保守管理や、工場・倉庫内での作業などにおいて、作業手順やチェックリストをレンズ越しに表示させるメガネ型ウェアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」を、国内で企業向けに受注活動を開始した。新製品の出荷開始は2月29日の予定。

メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue<ウェアビュー> TG-1」

新製品は、重さ50g、サイズ167.9mm(幅)x162.5mm(奥行)x38.0mm(高さ)。長時間の作業でもストレスなく使えるよう、軽くて快適な装着性を意識したもの。また、人と対面する接客業務などでも違和感を持たれることなく利用できるよう、メガネとして自然なデザインを追求したとしている。

投映部を側面後方に配置する独自の光学方式により、広い視野を確保するとともに、投映角度を調整できるPA機構(パーソナルアジャスター)を搭載することで、顔形状や眼間距離がさまざまな日本人成人の98%をカバーしているという。

主な用途と利用場面

新製品は、市販のWindows端末とケーブルで接続して使用するため、別途Windowsで動作するアプリケーションの用意(開発)が必要となる。アプリケーション開発に必要なSDK(ソフトウェア開発キット)は、同社から無償で提供される予定で、2月29日から製品ホームページにてダウンロードできる。

システム構成



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事