アデコ、子どもの「将来就きたい仕事」調査 - 日本の男子1位は「会社員」

 

アデコは1月6日、アジア太平洋地域で事業を展開するアデコグループの6つの拠点(韓国、香港、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム)で、子どもを対象にした「将来就きたい仕事」に関するアンケート結果を発表した。

日本の子どもが将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」(10.2%)、女子が「パティシエ」(11.0%)となった。日本では、男子が将来就きたい仕事の1位は2013年に本調査を開始して以来、2年連続で「サッカー選手」だったが、今回、「サッカー選手」(10.0%)は僅差で2位となった。女子の1位となった「パティシエ」は、3年連続での1位だった。

日本の男子のランキングでは4位に「公務員」が入り、女子のランキングでも「会社員」が3位、「公務員」が5位という結果に。同社は、国内景気の長期的な停滞感が続くなか、夢を追いかけるのではなく、安定した生活を志向する子どもが増えている可能性を指摘した。

日本の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング(男子)

また、日本の男子では「エンジニア・プログラマー」が9位に入った。昨年の5位からランクダウンしたものの、現代の男子にとってデジタル関連の職業が将来の夢として一般的なものになりつつあることが伺えるという。日本の女子では、昨年ランク外だった「服飾デザイナー」と「ピアノやお稽古事の先生」が、今年は7位と8位にそれぞれランクインしている。

日本の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング(女子)

日本を含むアジア太平洋地域の7カ国・地域では、「先生」と「医者」が人気の職業となった。「先生」と「医者」は、どちらも3カ国・地域で、将来就きたい仕事の1位に選ばれた。日本でも「先生」と「医者」は人気の職業で、それぞれ2位と3位にランクインしていたが、「会社員」が将来就きたい職業のトップ3に入ったのは日本のみだった。同社は、経済成長の著しいアジア太平洋地域各国および地域と、すでに成熟市場となっている日本との違いが、子どもの将来に対する考え方にも現れているのではと分析している。

アジア太平洋地域7か国・地域の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング(男女総合)

調査対象は、日本全国の6歳~15歳の1000名(男女各500名)、アジア太平洋各国・地域(韓国、香港、台湾、シンガポール、タイ、ベトナム)の7歳~14歳の各150~1500名。期間は2015年11月~12月。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv2 想定問題 (10) 関数の定義方法
[07:30 9/26] 企業IT
松坂屋上野店で秋の行楽グルメフェア--魚屋の"おにぎらず"や浅草今半弁当も
[07:30 9/26] 趣味
東京都内をアートで埋め尽くす! 街がギャラリーになるアートと音楽の祭典
[07:30 9/26] 趣味
ブラッド・ピット、長男と大げんか - アンジーが離婚決断する原因に?
[07:18 9/26] エンタメ
“M字開脚”インリンは今…『深イイ話』で密着取材
[06:00 9/26] エンタメ

求人情報