モノ、ヒトのあらゆるデータを分析する - 日本テラデータ 吉川社長

 

2016年の年頭にあたり、日本テラデータの代表取締役社長を務める吉川幸彦氏は、以下の年頭所感を発表した。

新年明けましておめでとうございます。

デジタル化やIoT(モノのインターネット)の活用に伴い、データ量の爆発的な増大およびデータの種類の多様化により、収集したデータをいかにビジネスに有効活用するかの重要性が増し、データ活用の人材育成や組織作りが始まってきています。

今までの取引データに、Webやソーシャルメディアのビッグデータが加わり、さらにセンサーデータによるIoTの活用も始まり、すべてのモノがネットワークにつながることで、新しいビジネスモデルが登場しています。自動車業界では、車に通信機能を持つ“コネクテッドカー”が普及し始め、ドライバーの行動を把握して、サービスの改善や新製品の開発に役立てたり、車載センサーデータから車の故障予知に役立てるなどの例があります。また、スマートフォンやウェアラブルからは、ヒトの行動データをリアルタイムで収集、分析し、モノとの関連性を把握して、より利便性の高い生活や、より安全な社会の実現に向けた取り組みが始まっています。

テラデータでは、従来からの統合データウェアハウス・プラットフォーム・ソリューションに加え、オープンソース・プラットフォームのHadoop、および高度分析処理に適したTeradata Asterを拡張し、多様化するデータ構造を包括的に管理する分析エコシステム「Teradata Unified Data Architecture」を強化し続けています。

また、金融、製造、流通等の産業別コンサルタント、データサイエンティストによる高度分析サービスを通じて、お客様にデータ分析からビジネス価値を提供する取組みも拡充しています。

さらに、2016年の発展に向け、IoTだけでなく、ソーシャルメディアやWebログといった各種ストリーミングデータに耳を傾け、リアルタイムに格納するソフトウェア「Teradata Listener」も発表しました。これにより、様々なシーンで発生するあらゆるデータを収集、蓄積、統合、分析する「Analytics of Everything」というコンセプトを実現するテラデータの製品技術、サービスが弊社のユニークな強みとなり、企業のデータ主導型ビジネスの実現を支援していきます。

今後も、進化するデータ分析のリーディングカンパニーとして、お客様のデータ分析でのビジネス活用をご支援し、競争力強化に貢献してまいります。

本年も日本テラデータにご支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。



IT製品 "比較/検討" 情報

転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

オリンパス、「OM-D E-M5 Mark II」に「12-40mm F2.8 PRO」のレンズキット
[12:40 6/29] 家電
ベライゾン、「2016年データ漏洩/侵害調査報告書」の日本語要約版
[12:26 6/29] 企業IT
ネットショッピングで最も使うデバイスは「スマホ」 - MMD調べ
[12:14 6/29] 企業IT
NXPがトップに躍進、ルネサスは3位に - 2015年の車載半導体企業ランキング
[12:12 6/29] テクノロジー
【連載】腰野4姉弟の奇妙な日常 第6回 腰痛を選ぶべきか正座のしびれを選ぶべきか、それが問題だ
[12:06 6/29] ヘルスケア

求人情報