IIJ、モジュール型データセンター「co-IZmo/I」の運用監視サービス

 

インターネットイニシアティブ(IIJ)は12月15日、モジュール型データセンターの電源、空調設備などの監視・運用・保守を行う「IIJデータセンターファシリティ運用管理サービス」の提供を開始した。

同社は、2011年に外気冷却型コンテナユニットを採用したモジュール型データセンター「松江データセンターパーク」を開設し、自社のクラウドサービス設備として運用してきた。

あわせて、間接外気冷却方式を採用したモジュール型データセンター「co-IZmo/I(コイズモアイ)」を販売しており、新サービスは同データセンターを対象としたもの。

「co-IZmo/I」外観

「co-IZmo/I」内部(ラック前面)

具体的には、同社がこれまで松江データセンターパークで自社設備を運用してきたノウハウを生かし、「「co-IZmo/I」に対して電気/空調設備といったファシリティや内部の温湿度、消費電力などを遠隔で監視・運用するサービスを提供する。

サービスは、「遠隔監視」「24時間365日オンサイト保守」「定期点検」「予備品」を提供するタイプA、「遠隔監視」「24時間365日オンサイト保守」「定期点検」を提供するタイプBがある。料金は個別見積もり。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事