KDDI、外国人観光客向けタクシーで音声翻訳システムの社会実証

KDDI、KDDI研究所は2015年11月18日、鳥取県鳥取市の訪日外国人向け観光タクシー「1000円タクシー」において、多言語音声翻訳システムを活用した社会実証を開始した。

「1000円タクシー」内での多言語音声翻訳システム提供イメージ

「1000円タクシー」は「鳥取観光マイスター」として認定されたタクシー運転手が鳥取市の各観光地を案内する、鳥取市を訪れる外国人観光客向けサービスで、2011年1月より提供されている。乗客1人あたり3時間で1000円(税込)と安価で利用できることが特徴だが、タクシー運転手と外国人観光客のタクシー内でのコミュニケーションが課題となっていた。

多言語音声翻訳システムは、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した技術を活用し、KDDIが構築。英語と中国語、韓国語の翻訳に対応している。KDDIは同システムを「1000円タクシー」に搭載し、従来課題となっていた言葉の壁に起因する社会サービスの差を克服することを目指す。

また、KDDI研究所は、音声翻訳精度の更なる改善のため、位置情報や利用者のスマホなどの情報を活用した「翻訳精度向上技術」の研究開発を進めていく。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事