キヤノンITS、複数OS環境で端末を管理するソリューションを文教向けに提供

  [2015/11/16]

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月16日、教育機関のシステム構築を図るプラットフォーム「in Campus」シリーズの新製品「in Campus Device(インキャンパス デバイス)」を発表した。

「in Campus」シリーズは、キヤノンITSが教育機関に向けて展開する、教育支援情報システムを構築するための独自プラットフォーム。in Campus Deviceは、in Campusシリーズにおけるクライアントソリューションという位置付けになる。WindowsやMac、Linuxなどの複数のOSが混在する教育現場でも、効率的にクライアント端末を運用できる。

端末管理機能のメイン画面

端末管理の機能は、利用状況の監視、電源管理、端末障害時のフローの一元化、実行ジョブの管理機能などを搭載する。あらかじめ作成したスケジュールで端末を起動/シャットダウン/リブートなどでOSの制御も可能だ。また、使い勝手を重視してブラウザ上で操作できるUIとしているため、コマンド操作など特別な知識を必要としない。

端末管理画面のサンプル

端末管理画面のサンプル

BootCamp機能でMacとWindowsの両方をインストールしている端末には、ブートイメージのリストア、配信、アプリケーション配信などが行える。

「in Campus Device」は、仮想化技術を搭載するソフトウェア管理フレームワーク「vThrii Seamless Provisioning(vThrii-P、開発はイーグル)」と連携する機能を搭載する。両者が連携することで、「in Campus Device」が持つ機能に加え、ネットワークブート、差分イメージのオンデマンド転送、セキュリティパッチやバージョンアップなどを利用できる。

参考価格は、「in Campus Device」と「vThrii-P」がセットで300万円~(税別、端末は100台規模)。なお、東京大学 東京大学情報基盤センターに「in Campus Device」と「vThrii-P」が導入される予定となっており、2016年3月より稼働する見込みだ。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】エンジンがついに咆えた! 韓国・新型ロケット「KSLV-II」の開発が正念場に
[10:30 5/25] テクノロジー
伊勢志摩サミット、中部空港に到着する各国首脳をMIRAIとMRJがおもてなし
[10:10 5/25] 趣味
日本ボールドウィンがMSのERPを導入 - データの一元管理を実現
[10:00 5/25] 企業IT
【コラム】どこでもサイエンス 第77回 増やせばワカルDNA - 「PCR」のお話
[10:00 5/25] テクノロジー
ピュア・ストレージ、オールフラッシュファイルストレージを発表
[09:57 5/25] 企業IT

特別企画 PR