キヤノンITS、複数OS環境で端末を管理するソリューションを文教向けに提供

 

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月16日、教育機関のシステム構築を図るプラットフォーム「in Campus」シリーズの新製品「in Campus Device(インキャンパス デバイス)」を発表した。

「in Campus」シリーズは、キヤノンITSが教育機関に向けて展開する、教育支援情報システムを構築するための独自プラットフォーム。in Campus Deviceは、in Campusシリーズにおけるクライアントソリューションという位置付けになる。WindowsやMac、Linuxなどの複数のOSが混在する教育現場でも、効率的にクライアント端末を運用できる。

端末管理機能のメイン画面

端末管理の機能は、利用状況の監視、電源管理、端末障害時のフローの一元化、実行ジョブの管理機能などを搭載する。あらかじめ作成したスケジュールで端末を起動/シャットダウン/リブートなどでOSの制御も可能だ。また、使い勝手を重視してブラウザ上で操作できるUIとしているため、コマンド操作など特別な知識を必要としない。

端末管理画面のサンプル

端末管理画面のサンプル

BootCamp機能でMacとWindowsの両方をインストールしている端末には、ブートイメージのリストア、配信、アプリケーション配信などが行える。

「in Campus Device」は、仮想化技術を搭載するソフトウェア管理フレームワーク「vThrii Seamless Provisioning(vThrii-P、開発はイーグル)」と連携する機能を搭載する。両者が連携することで、「in Campus Device」が持つ機能に加え、ネットワークブート、差分イメージのオンデマンド転送、セキュリティパッチやバージョンアップなどを利用できる。

参考価格は、「in Campus Device」と「vThrii-P」がセットで300万円~(税別、端末は100台規模)。なお、東京大学 東京大学情報基盤センターに「in Campus Device」と「vThrii-P」が導入される予定となっており、2016年3月より稼働する見込みだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

働く男性の7割が「夏の肌悩み」あり ‐ 洗顔とシェービングの正しい方法は?
[15:03 7/29] ヘルスケア
i☆Ris、13thシングル「Re:Call」座談会 - この4年間をそれぞれ一言で表すと「積み木・分岐・挑戦・自分・葛藤・芹澤優」
[15:00 7/29] ホビー
『ミニオンズ』新作短編、初の本編映像公開! やりたい放題でお尻もポロリ
[15:00 7/29] エンタメ
アナログ半導体業界再編 - ADIのLinear Technology買収を読み解く
[14:57 7/29] テクノロジー
[長谷川博己]得意満面でゴジラポーズ 竹野内豊が続くも石原さとみは拒否!?
[14:52 7/29] エンタメ