Pivotal、「Pivotal Cloud Foundry 1.6」国内で販売 - .NET、Docekrに対応

 

Pivotalジャパンは11月6日、PaaS基盤ソフトウェアの最新版「Pivotal Cloud Foundry 1.6」の国内販売を開始すると発表した。

「Pivotal Cloud Foundry」は、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェアである「Cloud Foundry」の有償ディストリビューション。

最新版では、次世代ランタイムの実装により、.NETとDockerがサポートされた。これにより、ユーザーはLinuxベースのアプリケーションとWindowsベースのアプリケーションが混在する環境をサポートすることが可能になる。

また、スケジューリング、ヘルスチェック、ロードバランス、エンタープライズID、ロギング、マルチクラウドサポートなどの機能を、Dockerベースのアプリケーションで利用できるようになった。

加えて、Amazon Web Services(AWS)、VMware vSphere、VMware vCloud Airに加え、OpenStackにも対応。対応しているOpenStackのリリースはIceHouseおよびJuno。

そのほか、マイクロサービスとSpring Cloud Serviceの統合によって、本番環境に即応する一連のサービスをPivotal Cloud Foundryマーケットプレイスに加えることでマイクロサービスを構築することが可能となる。

「Pivotal Cloud Foundry 1.6」の構成

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[君の名は。]世界85の国・地域で配給 神木隆之介「レッドカーペット歩きたい」
[15:20 8/28] ホビー
[吹石一恵]第1子を妊娠 福山雅治がパパに
[15:02 8/28] エンタメ
Wi-Fiを使って近くのユーザーのキーボード入力を盗み取る技術とは?
[15:00 8/28] 企業IT
[杉本有美]「水着は卒業」 グラビア集大成の最新写真集で見納め
[14:48 8/28] エンタメ
[福原遥]卒業後は進学せず芸能活動に専念 写真集は「泡風呂恥ずかしい…」
[14:10 8/28] エンタメ