Pivotal、「Pivotal Cloud Foundry 1.6」国内で販売 - .NET、Docekrに対応

 

Pivotalジャパンは11月6日、PaaS基盤ソフトウェアの最新版「Pivotal Cloud Foundry 1.6」の国内販売を開始すると発表した。

「Pivotal Cloud Foundry」は、オープンソースのPaaS基盤ソフトウェアである「Cloud Foundry」の有償ディストリビューション。

最新版では、次世代ランタイムの実装により、.NETとDockerがサポートされた。これにより、ユーザーはLinuxベースのアプリケーションとWindowsベースのアプリケーションが混在する環境をサポートすることが可能になる。

また、スケジューリング、ヘルスチェック、ロードバランス、エンタープライズID、ロギング、マルチクラウドサポートなどの機能を、Dockerベースのアプリケーションで利用できるようになった。

加えて、Amazon Web Services(AWS)、VMware vSphere、VMware vCloud Airに加え、OpenStackにも対応。対応しているOpenStackのリリースはIceHouseおよびJuno。

そのほか、マイクロサービスとSpring Cloud Serviceの統合によって、本番環境に即応する一連のサービスをPivotal Cloud Foundryマーケットプレイスに加えることでマイクロサービスを構築することが可能となる。

「Pivotal Cloud Foundry 1.6」の構成

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ミス・モノクローム、真夏の店頭抽選会ツアーの開催決定! 旧譜フェアも開催
[22:30 6/26] ホビー
【レポート】マリオと共にソニック25周年を祝う -「ソニック25周年 アニバーサリーパーティー」
[22:29 6/26] ホビー
MF文庫J、6月新刊は8タイトル! 『ハイスクール・フリート』公式スピンオフ
[22:20 6/26] ホビー
[橋本愛]熊本の復興支援に「お手伝いできた」 「うつくしいひと」チャリティー上映で
[21:35 6/26] エンタメ
夏乃あゆみ新作は、祇園祭が題材の和風バディもの「祇園祭に降る黒い花」1巻
[21:19 6/26] ホビー