ChromeがMicrosoft Edgeの増加上回る - 10月ブラウザシェア

Net Applications - Usage Share Statistics for Internet Technologies.

Net Applicationsから2015年10月のデスクトップブラウザシェアが発表された。2015年10月はChromeがシェアを増やした一方、Internet Explorer、Firefox、Safari、Operaなどほかのブラウザは軒並みシェアを減らしている。Chromeのシェア増加は長期にわたって揺るぎない傾向を見せており、ユーザがChromeに対して高い関心を持っていることがわかる。

Windows 10でデフォルトのブラウザとなったMicrosoft Edgeはシェアを増やしたが、Chromeのシェア増加分と比較すると小さいものにとどまっている。Internet Explorer 11.0、Internet Explorer 10.0、Internet Explorer 8.0はシェアを減らしており、Windows 10の好調な普及とは対照的に、ブラウザとしてはMicrosoft Edgeではなく、Chromeが選択されている様子が見えてくる。

ChromeはGoogleアカウントと連動してデータを引き継げる仕組みを提供している。Windows 10においてデフォルトでインストールされているMicrosoft Edgeの増加が低いものにとどまっているのに対し、Chromeの使用率が増えていることは、Windows 10を導入したユーザが自発的にChromeを選択していることを示唆しており、ユーザから強い支持を得ていることがわかる。

2015年10月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2015年10月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Microsoft Internet Explorer 50.86% 51.59%
2 Chrome 31.12% 29.86%
3 Firefox 11.28% 11.46%
4 Safari 5.01% 5.08%
5 Opera 1.28% 1.34%
6 proprietary/undetectable 0.27% 0.32%
7 Konqueror 0.01% 0.01% =
8 Android Browser 0.01% 0.01% =
9 Flock 0.00% 0.00% =
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Microsoft Internet Explorer 11.0 24.36% 25.26%
2 Microsoft Internet Explorer 8.0 11.64% 11.71%
3 Chrome 45.0 10.59% 15.25%
4 Chrome 46.0 9.96% 0%
5 Firefox 41 7.27% 0.97%
6 Microsoft Internet Explorer 9.0 6.64% 6.19%
7 Microsoft Internet Explorer 10.0 4.44% 4.65%
8 Safari 9.0 2.72% 0%
9 Microsoft Edge 12 2.66% 2.40%
10 Chrome 36.0 2.02% 2.10%
11 Chrome 31.0 1.83% 2.64%
12 Firefox 40 1.27% 7.58%
13 Chrome 44.0 1.06% 3.24%
14 Safari 8.0 1.01% 3.08%
15 Chrome 42.0 0.93% 1.25%


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事