OpenBSD 5.8登場、sudo(8)からdoas(1)へ変更

The OpenBSD project produces a FREE, multi-platform 4.4BSD-based UNIX-like operating system.

OpenBSDプロジェクトは10月18日(カナダ時間)、「OpenBSD 5.8」において、OpenBSDの最新安定版となる「OpenBSD 5.8」の公開を発表した。OpenBSD 5.8はCD-ROMベースのリリースで38回目のリリースに相当するとともに、20年目の記念的なリリースとされている。OpenBSDプロジェクトはこの20年間、デフォルトインストールの状態でたった2つのリモートホールしか存在しなかったと、セキュリティの高さを主張している。

「OpenBSD 5.8」の主な新機能や変更点は次のとおり。

  • 新しいドライバの追加と既存ドライバのサポート向上
  • ネットワークスタックの改善
  • インストーラの改善
  • ユーザランドネットワーク機能の改善
  • セキュリティ関連機能の向上
  • OpenBSD httpd(8)バグ修正と新機能追加
  • OpenSSH 7.0導入、OpenSMTPD 5.4.4導入
  • ユーザランドのsudo(8)をdoas(1)へ置き換え

doas(1)はOpenBSD 5.8から新しく導入されるコマンド。設定は/etc/doas.confに記述するようになっている。sudo(8)をルート権限のシェルを得るためのみに使っているようなケースではdoas(1)をその代替として使用できる。sudo(8)はベースのユーザランドからは削除されるがパッケージ経由でインストールできる。コマンドごとのより細かい制御が必要な場合にはsudo(1)を使うことになる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事