ロシアの隕石クレーターで発見されたダイヤは天然のナノ結晶ダイヤ -愛媛大

 

愛媛大学は10月1日、ロシア・シベリアの巨大隕石クレーターで発見されたダイヤモンドが天然のナノ結晶ダイヤモンドであることがわかったと発表した。

同成果は同大学地球深部ダイナミクス研究センター(GRC)の大藤弘明 准教授、入舩徹男 教授(東京工業大地球生命研究所兼任)らと、ロシア科学アカデミーのK. D. Litasov 教授らの日露共同研究チームによるもので、10月1日の英科学誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

シベリア北部にある直径100kmにおよぶPopigaiクレーターは、1970年代に周辺で通常より硬いダイヤモンドが発見されており、ダイヤモンドが大量に存在する可能性のあるエリアとして注目されてきた。

今回の研究では、GRCの集束イオンビーム微細加工装置と透過型電子顕微鏡を使用しPopigaiダイヤモンドの特徴と生成過程を詳しく調べた。その結果、研究で調べた10個のダイヤモンドうち、黄色味を帯びた透明のダイヤモンドが、数十nmの微粒の純粋なダイヤモンドで構成されている「ナノ多結晶ダイヤモンド」であり、隕石衝突時の超高圧・高温により地表付近に存在していた単結晶グラファイトが変化してできたことがわかった。

極めて高い硬度を持つことで知られる「ナノ多結晶ダイヤモンド」は2003年に入舩教授らによって人工的に合成できることが発表されており、今回の研究によって実験で合成されるものと同様の純粋な「ナノ多結晶ダイヤモンド」が天然にも存在することが明らかとなった。

研究に使用したPopigaiクレーター産のダイヤモンド試料

透光性の高い試料の透過電子顕微鏡像。50nm以下の微細ダイヤモンド結晶の集合体

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

美味しさは、飲んでみないとわからない - 全自動エスプレッソマシンを試せる「デロンギ 表参道」オープン
[07:00 9/30] スマホとデジタル家電
ねこのはなしをしようか 第26回 猫用おやつ
[07:00 9/30] 趣味
『モーツァルト音楽王』アマチュア枠優勝の女子高生に注目「スゲーうまい!」
[07:00 9/30] エンタメ
市川由衣、第1子出産に喜び「愛おしくてたまらない」「お母ちゃん頑張る!」
[07:00 9/30] エンタメ
小児科医が回答! 子どもの病気、危険のサイン 第5回 熱性けいれんの対処法は?
[07:00 9/30] ライフスタイル