ウイングアーク1st、基幹システムを刷新 - 既存システムと連携対応

 

インフォコムは9月18日、グループ会社であるGRANDITが開発・販売を推進するERP「GRANDIT」が、ウイングアーク1stの基幹システムに採用されたと発表した。

ウイングアーク1stのシステム構成図

ウイングアーク1stは新基幹システムの構築にあたりERPパッケージを検討した結果、費用・機能・内部統制の3つの選定基準により、GRANDITの採用を決定。特に既存で稼働している見積もりシステムや商品マスタシステム、SFA(Sales Force Automation)などのクラウドサービスや同社製品を用いた「情活基盤」との連携対応のしやすさを評価したという。

一方、導入支援は、GRANDITでの導入経験数、同社製品との連携実績がある候補の中から、技術力とプロジェクト推進力、導入目的に対する提案内容が評価されたベニックソリューションが採用された。

新基幹システムの稼働により情報活用のレベルは上がり、顧客情報は販売履歴や保守契約といった基幹データと統合され、顧客軸の可視性が高まったほか、外部の企業データと組み合わせることで、企業とそのグループ内でウイングアーク1stの製品を導入している企業、そうでない企業が一目で分かるようになり、新規開拓の顧客へのアプローチが容易になったという。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

さくらインターネット、モリサワのWebフォントをサーバ利用者に無料提供
[16:18 6/29] 企業IT
ドラッグストアで興味を持った物は何? - 日本在住外国人に聞いてみた
[16:12 6/29] ヘルスケア
ANA、羽田=米国路線のダイヤ確定--新ニューヨーク/シカゴ線は利便性に配慮
[16:07 6/29] 趣味
KDDI、60Tbps伝送を実現する光海底ケーブル「FASTER」を運用開始
[16:05 6/29] 家電
斉藤由貴、川栄李奈にアドバイス「女優は欠落していた方が面白い!」
[16:00 6/29] エンタメ