カゴヤ・ジャパン、通常より低価格で利用できる「VMwareスターターパック」

 

8月24日、カゴヤ・ジャパンは、VMwareの仮想化環境を簡単に低価格で開始できる「VMwareスターターパック」リリースした。通常のライセンスを購入した場合と比べると、低価格で企業向けエディションを利用できる。

VMwareスターターパックは、導入時には、vSphereによる仮想化環境はすでに構築済なので、設定作業に費用や工数をかけずにスタートできる。また、ホストサーバーに機器障害が起こった場合ても、仮想サーバを自動的に別のホスト上で再起動させるため、停止時間を最少化できる。

さらに、オプションが豊富で、ホスト機も台数無制限で追加が可能。

初期費用は140,400円で、月額費用は140,400円。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事