富士通システムズ・ウエスト、スマホを用いた患者向け情報活用サービス

  [2015/08/20]

富士通システムズ・ウエストは8月19日、個人が所有するスマートフォンの位置情報とプッシュ配信技術を活用して病院をとりまく各種サービスを提供できる「FUJITSU ヘルスケアソリューション eMe delivery (エミデリバリ)」の提供を開始した。

同ソリューションは、外来・入院患者やその家族、院内スタッフ・医療関係者が病院でのさまざまな時間を有効に、かつ快適に過ごせるよう、スマートフォンを活用して満足度向上を実現するもの。

提供に先立ち、愛知県厚生連安城更生病院で3週間にわたって実証実験を行ったところ、「eMe delivery」の院内機能である診察順番表示やメール通知が外来患者にとって有効であること、医師・医療関係者コミュニケーション機能が医師へのアポイントメントや医療関係者の来院情報の把握が、医師にとって有益であることを確認できたという。

スムーズな来院を支援する機能として、スマートフォンのGPS機能を用いて、病院までの行き先案内(バス時刻表やルート地図、経路)を確認できるほか、病院のWebサイトや患者へのお知らせをアプリケーション上からいつでも閲覧できる。

また、患者のスマートフォンから診察待ち情報の確認ができるほか(病院内、病院外問わず)、診察時間が近づくとお知らせメールが自動配信される。

診察待ち情報を確認する画面と診察時間が近づくと配信されるお知らせメール

病院内では位置情報を検知するビーコン技術の活用により、病院や受診診療科からのコンテンツを必要な場所で適切なタイミングで通知することができる。

そのほか、院内スタッフと医療関係者のコミュニケーションツールとしても活用でき、例えば、スマートデバイスを携帯したMRが来院した際に、自動的に来院情報を通知するといった使い方が可能。

院内スタッフと医療関係者のコミュニケーションツールとしても利用可能

実証実験の評価を踏まえ、入院患者向けに1日のスケジュール参照機能、医師や看護師をはじめとする院内スタッフとのコミュニケーション機能、周辺薬局への処方箋の事前送信機能、ジェネリック変更通知機能などの機能拡張を実施していくという。

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

尾野真千子、江口洋介との夫婦役で挑む"特別養子縁組" - 脚本は遊川和彦氏
[05:00 5/31] エンタメ
林遣都「生み出してくれた又吉さんに感謝」- ドラマ『火花』ドイツで上映
[05:00 5/31] エンタメ
every♥ing!、高校卒業後初となる3rdシングルのタイトルや新アー写を公開
[05:00 5/31] ホビー
[甲鉄城のカバネリ]OPがオリコン2位 発売初週に3万枚
[04:00 5/31] ホビー
[おそ松さん]ドラマCD第4弾がオリコン3位 4万枚で自己最高の滑り出し
[04:00 5/31] ホビー

特別企画 PR