ソフトバンク、Watsonを活用した新ビジネスを展開するプログラム提供

ソフトバンクは7月30日、日本IBMと共同で、コグニティブ・コンピューティング・システム「IBM Watson」を活用した新たなビジネスアイデアを展開するためのエコシステムプログラムを構築・提供し、10月1日からエコシステムパートナーの正式募集を開始すると発表した。

国内で利用可能なAPIとWatsonのエコシステムが提供されることにより、起業家や開発者が新たなWatsonのアプリケーションを開発し、採用することが可能になるという。

2015年10月から正式募集を開始するエコシステムパートナーは、Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供する「ビジネスパートナー」と、Watsonの導入コンサルティングやWatsonと接続するアプリケーションの開発などの技術的支援を行う「テクノロジーパートナー」の2種類。

「ビジネスパートナー」(アプリケーションパートナー)は、Watsonを活用したアプリケーションやサービスを提供し、「テクノロジーパートナー」(タレントパートナー/データパートナー)は、Watsonを活用したアプリケーションの開発、Watsonの導入コンサルティング、Watsonへのデータ提供、Watsonを活用したロボット向けアプリケーションの開発を行う。

正式募集に先駆けて、初期エコシステムパートナーとして、伊藤忠テクノソリューションズ、カラフル・ボード、クレスコ、ジェナ、シグマクシス、ビッグデータロボ、FiNC、ブレインパッド、ロココの9社が選定された。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事