ドコモ、「5G」実現に向けパナソニックら5社と技術開発

  [2015/07/22]

NTTドコモは22日、第5世代移動通信方式、いわゆる「5G」の実験に関して、あらたにインテルやパナソニックなどの5社と合意し、5Gの実現に向けた実験や技術開発を行っていくと発表した。

5Gは10Gbpsを超える通信速度を実現する次世代の移動通信方式。2020年のサービス開始を目標に実験や技術開発が行われている。これまでも、富士通、三菱電機、日本電気ほか、アルカテル・ルーセント、エリクソン、ファーウェイ、ノキア、サムスン電子の8社と5Gの実験を進めてきたが、新たに5社が5Gの実現に向けて実験や技術開発に加わる。

参加する5社と内容は次のとおり。インテルとは5G対応端末に必要なチップセットの実験試作、キーサイト・テクノロジーとローデ・シュワルツとは5G実験における結果等の測定器の開発、パナソニックとは高率な通信システム技術の開発、クアルコムとは5G通信技術についての実験と技術開発について個別の実験、技術開発を行っていく。

5社と実験内容

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

マイナンバーカードを利用した「オンライン本人確認サービス」 - GMOグローバルサイン
[18:09 5/25] 企業IT
名古屋鉄道デキ400引退! 「ありがとうデキ記念乗車券」など6/4から販売開始
[18:08 5/25] ホビー
四日市あすなろう鉄道新260系、ローレル賞を受賞 - 厳しい条件の克服が評価
[18:03 5/25] ホビー
テクトロ、アナログ/任意/デジタルを統合した3in1波形ジェネレータを発表
[18:02 5/25] テクノロジー
ブルース・ウィリス最新作、6月25日公開! スリリングな予告映像も
[18:00 5/25] エンタメ

特別企画 PR