ドコモ、「5G」実現に向けパナソニックら5社と技術開発

 

NTTドコモは22日、第5世代移動通信方式、いわゆる「5G」の実験に関して、あらたにインテルやパナソニックなどの5社と合意し、5Gの実現に向けた実験や技術開発を行っていくと発表した。

5Gは10Gbpsを超える通信速度を実現する次世代の移動通信方式。2020年のサービス開始を目標に実験や技術開発が行われている。これまでも、富士通、三菱電機、日本電気ほか、アルカテル・ルーセント、エリクソン、ファーウェイ、ノキア、サムスン電子の8社と5Gの実験を進めてきたが、新たに5社が5Gの実現に向けて実験や技術開発に加わる。

参加する5社と内容は次のとおり。インテルとは5G対応端末に必要なチップセットの実験試作、キーサイト・テクノロジーとローデ・シュワルツとは5G実験における結果等の測定器の開発、パナソニックとは高率な通信システム技術の開発、クアルコムとは5G通信技術についての実験と技術開発について個別の実験、技術開発を行っていく。

5社と実験内容

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン