SUSE、IaaSプライベートクラウドソリューション「SUSE OpenStack Cloud 5」

 

SUSEは3月11日(ドイツ時間)、エンタープライズ向けIaaS(Infrastructure-as-a-Service)プライベート・クラウド・ソリューションの最新版である「SUSE OpenStack Cloud 5」の提供開始を発表した。

新製品は、「SUSE Cloud」の後継製品。最新版のOpenStack(Juno)をベースとし、ネットワーキングの柔軟性と運用効率を高めることで、プライベート・クラウドのシンプルなインフラ管理を実現するという。

またサービス形態(as-a-service)の各種機能により、開発部門やビッグデータ分析部門は、データセンター・ソリューションの新製品である「SUSE Enterprise Storage」や「SUSE Linux Enterprise Server 12」と連携しつつ、短期間でビジネス・ソリューションを提供できるとしている。

新たなネットワーキング機能とサードパーティのOpenStackネットワーキング・プラグインをサポート。分散仮想ルーティングの実装に対応しており、個々のコンピュート・ノードは、ルーティングのタスクを個別もしくはクラスタとしても処理可能という。

インストールに際して分散仮想ルーティングの構成を行うことで、コンピュート・ノードの追加に応じてネットワークを自動的に拡張できる他、中央ルーターを通じたトラフィックが削減しSPOF(単一障害点)の発生も抑えられることで、拡張性・パフォーマンス・可用性が向上するとのことだ。

さらに、インストール・フレームワークを強化。プライベート・クラウド外で実行中の既存サーバをクラウド環境へシームレスに組み込むことができるとしている。ログの収集・検索を集中管理するため、クラウド管理者はクラウド業務を一元的に把握でき、問題の解決速度も向上するという。

クラウド内のコンピュート・ノードとしてSUSE Linux Enterprise Server 12をサポート、ユーザーはKVMとXenの最新版を利用できる。SUSE Linux Enterprise Server 12のノードは、SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3のノードとも共存可能。

CephベースのSUSE Enterprise Storageとも連携、新製品内でオブジェクト/ブロック/イメージを保存可能なプラットフォームが得られるのに加えて、Cephコンポーネントのインストール時の手軽さは従来と同等とのことだ。

サービス形態モデルを標準化したことで、追加サービスをユーザー側で管理・構成する必要が無くなり、インストール作業をよりシンプルかつ迅速に行えるという。サービス導入をシンプルにすることにより、開発作業やビッグデータに合わせた形で、プライベート・クラウドをたやすく導入できるとしている。

データ処理プロジェクト「Sahara」も搭載しており、OpenStack上でのHadoopやSparkなど、データ集約型アプリケーション・クラスタのプロビジョニングも行えるという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

V6、テレ朝フェスに初参加! 「今年唯一のライブ」熱烈オファーで実現
[04:00 8/27] エンタメ
[木村拓哉]ラジオでファンの厳しい声紹介 「なぜすぐに帰国しなかった」
[00:08 8/27] エンタメ
Windows 10ミニTips 第112回 Microsoft Edgeの拡張機能を使う - Save to Pocket編
[00:00 8/27] パソコン
TVアニメ『アイドルメモリーズ』、「Shadow」のユニットPVを公開
[23:55 8/26] ホビー
音井れこ丸が描く睡眠不足な先生とJKのラブコメ2巻、元教え子も参戦
[23:31 8/26] ホビー