ネットギア、最大1733Mbps・802.11ac対応のWi-Fiルータを発表

 

ネットギアジャパンは11月6日、802.11acに対応したデュアルバンド・ワイヤレスルータ「Nighthawk R7500」を12月下旬より発売開始すると発表した。

「Nighthawk R7500」

同製品は、5GHz帯と2.4GHz帯のデュアルバンドを同時に使用でき、それぞれ最大1733Mbps(802.11ac)・600Mbps(802.11n)のワイヤレススピードを実現するWi-Fiルータ。

Wi-Fi機器の位置に追従して電波の送信方向や出力を最適化する「Beamforming+」テクノロジーに対応することで電波の到達範囲を拡大し、外部機器からの電波干渉や電波の届かないデットスッポットを削減するほか、MU-MIMOに対応し、複数ユーザーの同時接続であっても高速通信環境を提供する。

「Nighthawk R7500」概要

また、eSATAポートとUSB 3.0ポートの2つを搭載。eSATAやUS インタフェースを持つハードディスクドライブやプリンターを接続することで、PCやスマートフォン、タブレットなどの無線・有線LAN機器から利用可能な家庭内サーバーを構築することができる。

バックアップは、同社が無償で提供するWindows用バックアップソフトウェア「ReadySHARE Vault」により、WindowsのファイルをR7500に接続したハードディスクドライブへと行うことが可能だ。

Nighthawk R7000には無かった「Dynamic QoS」

Nighthawk R7500へ新たに採用した「Dynamic QoS」は、アプリケーションを認識し、その内容に基づいた帯域幅の割り当てをリアルタイムに実施する。遅延に敏感なアプリケーションには、非常に高い優先度を設けると同時に、優先度の低いアプリケーションも停止することなく動作させるという。

「Dynamic QoS」概要

また、ストリーミングタイプやデバイスの認識も可能で、ストリーミングタイプの認識では、バッファリングと帯域幅のバランスを柔軟にとるほか、最適な視聴体験を提供する。

新しいアプリケーションやデバイスには、クラウドを利用しルータのアップデートを行うことで対応。たとえば、iPhone 6やiPhone 6 plusは、販売開始から2日後に認識可能となっていたという。

「Dynamic QoS」概要

同製品の販売価格はオープンで、想定市場価格は2万6000円(税込)となる。

ワイヤレスホームセキュリティカメラ「arlo」も紹介

なお、同日に開催された報道陣向け発表会にて同社は、米国時間11月5日に発表したワイヤレスホームセキュリティカメラ「arlo」を紹介した。東京都・京橋で行われた同発表は、米国に次いで世界で2番目となる。

「alro」は、100%ワイヤレスの家庭用セキュリティカメラキットで、最大15台のカメラを管理するベースステーションと小型HDカメラ2台、iOSやAndroid対応のアプリケーションで構成。リアルタイムでの画像閲覧のほか、録画や野外への設置、夜間の撮影などが可能だ。

「arlo」のキット内容とベースステーション

録画した映像はクラウド上にて保管され、専用のアプリケーションから閲覧が可能。同クラウドの利用は無料だが、カメラの台数が増えることで料金が発生するという。

なお、同製品は米国のみで発売を開始し、希望小売価格は、ベースステーションと小型HDカメラ2台で349.99ドル、アドオンのカメラは169.99ドルとなる。

ワイヤレス小型HDカメラ

[an error occurred while processing this directive]


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『Dimension W』、メインキャスト出演のスペシャルイベント開催
[20:39 8/24] ホビー
JR北海道、台風の被害状況を発表 - 石北本線・釧網本線を中心に土砂流入も
[20:37 8/24] ホビー
日産の想定を軽く超えた「新型セレナ」への期待値
[20:35 8/24] 経営・ビジネス
日産、新型セレナ発売イベント「プロパイロット」公道デビュー - 写真47枚
[20:24 8/24] ホビー
[松岡茉優]個性派ブラウス×赤のミモレ丈スカートで秋先取り
[20:14 8/24] エンタメ