都道府県型JPドメイン名の都道府県ラベルが日本語に対応 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、同社が登録管理を行う「都道府県型JPドメイン名」について、11月3日から全国47都道府県の名称部分(都道府県ラベル)を、アルファベット(ASCII)だけでなく、日本語でも登録可能にすることを発表した。

都道府県型JPドメイン名とは、「○○○.aomori.jp」「○○○.tokyo.jp」「○○○.nagasaki.jp」といった「.jp」の左側にあたるセカンドレベルドメインが都道府県名となっているドメインのことで、地域とのつながりを示すことができる。

「○○温泉.nagano.jp」といったドメイン名はこれまでも登録可能だったが、このほど新たに都道府県ラベルに日本語が使用可能になり、「○○温泉.長野.jp」といったドメイン名が登録可能になる。

都道府県ラベルに日本語を用いることで、アルファベットよりも訴求力を高められ、地域活性化につながることなどから今回の導入が決定したという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事