PSN、20時間の障害から復旧 - DDoS攻撃受け長時間ダウン

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は8月25日、24日18時頃から続いていたPSNの障害が14時に解消されたと発表した。

同社によるとこの障害は、外部からの人為的な大規模アクセス集中によって起こったものだという。このアクセス集中はDDoS攻撃で、犯人を名乗る人物がTwitterでSCEワールドワイド・スタジオ代表取締役会長の吉田修平氏あてに攻撃した旨のツイートを行なっているが、真偽は不明だ。

なお、今回の攻撃はDDoS攻撃のみで、個人情報データへのアクセスや漏えいは確認されていない。また、今回の攻撃を受けてSCEは、26日に予定していたPSNのメンテナンス作業を中止するとしており、新たな日程については後日発表する予定だ。

SCEリリース



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事