ノベル、OpenStackディストリビューションとして初の高可用性機能

 

ノベルは5月19日、SUSEのエンタープライズ向けIaaSプライベートクラウドソリューション「SUSE Cloud」に、高可用性(High Availability機能)が新たに加わったことを発表した。

これにより、最新版「SUSE Cloud3」は、高可用性機能の設定と展開を自動化する業界初のエンタープライズ向けOpenStackディストリビューションとなり、プライベートクラウドの安定した継続動作が保証される。

SUSE Cloudには、オープンソース型クラスタリングソリューション「SUSE Linux Enterprise High Availability Extension」の各種コンポーネントが採用されている。これは、x86サーバ上で稼働するミッションクリティカルなワークロードをシステム障害から保護する。SUSE Cloudを利用することで、プライベートクラウドのコントロールプレーンのダウンタイムに起因するサービス障害を回避できるほか、必要なリソースへの継続的なアクセスを保証するという。

また、物理クラウドインフラのインストールと管理において、Crowbarプロジェクトをベースとしたフレームワークを搭載したSUSE Cloud Administration Serverを統合することで、クラウドインフラの展開および設定を自動化する。

SUSE Cloud3は、OpenStackのHavanaをベースとしており、オーケストレーション機能(Heat)とテレメトリ機能(Ceilometer)をフルサポート。SUSE Cloudは、KVM、Xen、Microsoft Hyper-V、およびVMware vCenter Serverとの連携を通じ、VMware vSphereを実行するハイパーバイザ混在環境をフルサポートする。

なお、これらの高可用性機能は、SUSE Cloudのサブスクリプションに含まれ、追加費用なしで利用でき、価格は、市場推定価格120万円からとなる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー
シスコ、1万円台の無線LAN APなど、「Cisco Start」のラインナップを拡充
[15:40 9/28] 企業IT