アップルVS.サムスン訴訟で判決 - ライセンス料相当額を超える請求は認めず

 

米Appleの日本法人と韓国サムスン電子が通信技術関連の特許を巡って争っている訴訟の控訴審判決で、知的財産高裁は16日、サムスン電子が求めていた販売の差し止めについては権利の濫用であるとして、一審と同様に請求を棄却し、損害賠償請求についてもライセンス料相当額を超える部分では認められないとの判断を示した。

本件については、一審での東京地方裁判所の、損害賠償請求権をすべて認めなかった判決を変更し、サムスン電子側のライセンス料相当額として995万円の損害賠償請求権を認めた。ただし、アップルに対し、それ以上の請求はできないという判断を示している。

訴訟の対象はアップルのiPhone 4などで使われている通信技術で、知的財産高裁は同社がサムスン電子の特許技術を使っていることを認めたが、製品の販売の差し止めについては権利の濫用に当たり認められないとして、一審判決を支持した。

判決を受け、アップルは、「裁判所がサムスン電子に対して、国際特許制度の整合性を守ろうと毅然とした対応をとったことを高く賞賛いたします。サムスン電子は、特許が問題ではないことを裁判所に納得させようと、無謀にも世界中の知的財産権を無視してきました。本件によるサムスン電子の損害は、本来彼らが受けるべきものであったと考えます」とコメントしている。

人気記事

一覧

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ