GoogleとSamsung、10年間にわたる特許クロスライセンス契約を締結

 

米Googleと韓国Samsung Electronicsは27日(現地時間)、向こう10年間にわたる長期的な特許クロスライセンスを締結したと発表した。この契約により、技術およびビジネス領域において、両社が保有する既存の特許権、両社が取得する今後10年間の特許権を互いに利用可能となる。

具体的な契約内容は不明だが、両社は今回の特許クロスライセンス契約について「特許権に関する不要な訴訟を減らしたい」としている。また、韓国Samsungの知的財産権センター長Seungho Ahn氏は「GoogleとSamsungは、不必要な特許紛争に従事するよりも、企業間で協力した方が得られるものが多いことを業界に示している」とコメントした。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

NEWS小山「僕は何でもやります!」- くりぃむ有田に代役出演イジられ宣言
[09:00 8/28] エンタメ
『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』、第2期の新キャラなど最新情報を公開
[09:00 8/28] ホビー
「ハイレゾ」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電
スポーツ専門動画配信サービス「DAZN」スタート! - 気になる画質は? 使い勝手は?
[09:00 8/28] スマホとデジタル家電
1人分10g以下! オーガニック枝豆を使った低糖質チーズケーキ発売
[09:00 8/28] ヘルスケア