GoogleとSamsung、10年間にわたる特許クロスライセンス契約を締結

 

米Googleと韓国Samsung Electronicsは27日(現地時間)、向こう10年間にわたる長期的な特許クロスライセンスを締結したと発表した。この契約により、技術およびビジネス領域において、両社が保有する既存の特許権、両社が取得する今後10年間の特許権を互いに利用可能となる。

具体的な契約内容は不明だが、両社は今回の特許クロスライセンス契約について「特許権に関する不要な訴訟を減らしたい」としている。また、韓国Samsungの知的財産権センター長Seungho Ahn氏は「GoogleとSamsungは、不必要な特許紛争に従事するよりも、企業間で協力した方が得られるものが多いことを業界に示している」とコメントした。

(記事提供: AndroWire編集部)

人気記事

一覧

新着記事

ダウンタウン、解散や引退に言及 - 松本人志「解散はない」
[08:34 9/30] エンタメ
【特別企画】ランサムウェア対策に重要なのはバックアップ!? 感染時に必要な対策とは
[08:32 9/30] IT製品比較
鈴木亮平が銭形のとっつあんに大変身! ドラマ『銭形警部』2017年放送
[08:30 9/30] エンタメ
ロジテック、LightningとUSB-Aコネクタを備えたUSBメモリ
[08:24 9/30] パソコン
さだまさし、大ファンの『鬼平』出演 - オファーに「出るに決まってるだろ!」
[08:23 9/30] エンタメ