Softbank、タブレットを使ったクラウド型POSレジサービス

ソフトバンクテレコム(以下、ソフトバンク)は1月17日、飲食業や小売業などの店舗向けソリューションとして、タブレットを使ったクラウド型POS(販売時点情報管理)レジサービス「クラウドPOS」の提供を開始したと発表した。

「クラウドPOS」サービス構成イメージ

本サービスは、専用アプリをインストールした同社提供のタブレットと、クラウドを連携させたPOSレジサービス。従来のPOSレジ専用機器と比較して、安価で高機能なPOSシステムの導入が可能となり、小規模店舗や催事場での移動販売などで、詳細な売り上げ管理や会計業務などを実現できる。

また、スマートフォン決済ソリューション「PayPal Here」と連携し、専用カードリーダーをタブレットに装着するだけで、クレジットカードによる支払いを受け付ける。

「PayPal Here」は、スマートフォンに取り付ける親指大の完全に暗号化された機能を搭載した専用のカードリーダーと、スマートフォン用の無料アプリを使って、いつでもどこでもクレジットカード支払いやペイパルアカウントによる支払いを受け付けることができる、スマートフォン決済ソリューションサービス。

同ソリューションを導入している店舗は、消費者が自分のスマートフォンに無料アプリをダウンロードし、アカウントを作ることで、現金やクレジットカードを使わずに顔パス感覚でショッピングができる「PayPal支払い」による利便性の高い新しい販売スタイルを導入することが可能。

提供価格は、初期費用が6万円からで、月額利用料金は売り上げ管理に限定した個店向けの「Lite」が4,980円/店舗、複数店舗を管理するユーザー向けの「Standard」が7,980円/店舗、基幹システムとの連携など、フルカスタマイズ希望ユーザー向けの「Advance」は別途見積もりにて対応。なお、タブレットの台数は、「Lite」は1店舗当たり1台、「Standard」は1店舗当たり最大3台までとなっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事