Apple、「iOS 7」の普及率が7割越えと発表 - 「iOS 6」とあわせると9割強

 

米Appleは、iOSの開発者向けサイトにて、iOSのバージョン別シェアを公表した。iOS 7が74%と最も多く、iOSユーザーの7割以上が最新OSを利用していることが分かった。

iOSのバージョン別シェア。最新OSである「iOS 7」が74%と最も多かった

iOS 7の74%に続き、2番目に多かったのはiOS 6で22%だった。iOS 7とiOS 6をあわせると全体の96%となり、iOSユーザーの96%が最新2世代のiOSバージョンを利用していることが分かった。この調査結果は、App StoreにアクセスしたiOS端末の情報を元に集計したもの。調査期間は11月24日から12月1日までの7日間。

人気記事

一覧

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ