富士通Sウエスト、ITガバナンスを支援するクラウドサービスをアジア展開

  [2013/10/31]

富士通システムズ・ウエストは2013年10月31日、企業や組織における経営課題であるITガバナンスを支援するクラウドサービス「FUJITSU Security Solution IT Policy N@vi」を発表した。11月よりアジアで販売を開始し、対象国はシンガポール、タイとアジア地域を中心に拡大していく予定。

IT Policy N@viは、セキュリティ・資産統制・エコ・システム運用といったITポリシーに基づいて、ユーザー企業のマルチデバイス環境におけるITガバナンスを支援するオールインワンクラウドサービスである。日本では、業種を問わずさまざまなユーザーが導入しており、提供開始から2年で10万ライセンスを販売したとのことだ。

今回、グローバルに展開するユーザーの要望に応えて、アジアでの販売を開始したという。

対応言語は英語と日本語で、搭載機能を「セキュリティの可視化」「スマートデバイスの紛失対策」「資産統制」に絞った。IT Policy N@viは、エンドユーザーごとのパソコンやスマートデバイスのセキュリティを確実に担保し、国内と同等のセキュリティレベルを維持する。

富士通では、リスク回避やコンプライアンス遵守、導入国での従業員のICTリテラシー向上などの面で、ユーザー企業のグローバル展開を支えたいとしている。

同サービスは、富士通システムズ・ウエスト海外子会社であるFujitsu Kansai Solutions Asiaにて販売し、サポートは2013年7月1日にマレーシアに設置したGlobal Hub for Solutionsで実施する。

IT Policy N@viは、パソコンやスマートデバイスを安心・安全に利用するためのセキュリティベースラインの遵守状況を可視化し、違反があれば利用者に通知を行う。管理者は、ダッシュボードで組織全体のセキュリティ遵守状況を把握できる。

管理者のダッシュボード画面

スマートデバイスを紛失した場合でも、管理者によるリモートからの制御(ロック・ワイプ)によって、情報漏えいを防ぐことができる。また、パソコン、スマートデバイス、ソフトウェアライセンスを一元的に管理し、資産の保全とコンプライアンスの遵守を実現する。管理者は、ダッシュボードで組織全体のIT資産状況を把握することが可能だ。



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

山本彩、AKB48最後の劇場公演で決意新たに「チームKの魂をNMB48に」
[23:36 5/26] エンタメ
【レポート】山田孝之、30周年「ドラクエ」に「還暦まで続けて」-『ドラゴンクエストヒーローズII』完成披露発表会
[23:00 5/26] ホビー
[Hey!Say!JUMP・山田涼介]新人男優賞受賞で浅野忠信との思い出語る
[22:56 5/26] エンタメ
満島ひかり「プライベートでお騒がせしております」離婚&交際報道に笑顔
[22:40 5/26] エンタメ
前方後円墳が地球の鍵穴!?「キン肉マン」ゆでたまごが古墳を語るイベントに
[22:31 5/26] ホビー

特別企画 PR