栃木県警、ShareでPCゲームなどを違法配信した"神"を逮捕

コンピュータソフトウェア倫理機構は5月2日、栃木県警察本部生活環境課と小山警察署が、ファイル共有ソフト「Share」を使いPCゲームなどを違法配信していた埼玉県の男性(40歳)を、著作権法違反(公衆送信権の侵害)疑いで4月30日に逮捕していたことを明らかにした。この男性は逮捕事実を認めているという。

発表によると、男性は2013年1月中旬から下旬までの間に、Shareを使用して、ゲーム作品を含む多数の商品を、著作権者の許可を得ずに無断でアップロードして不特定多数のインターネットの利用者に対して自動送信できるようにしていた。家宅捜索では、Shareを稼働させていたPCなどが押収されている。

なお、同機構調査部ではこの件に関して「調査部トピック」として、男性が「喫茶東洋」というIDで2009年頃より4年にわたり多数の新作ゲームをアップロードしていたこと、この男性がネット上で「神」「東洋神」「放流者のチームーリーダー」などと呼ばれていたことにも触れている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事