Evernoteと双方向で編集可能! iPhone用名刺管理用アプリ「Cardful」が登場 | マイナビニュース

Evernoteと双方向で編集可能! iPhone用名刺管理用アプリ「Cardful」が登場

ソースネクストは、「Evernote」と連携して名刺管理が行えるiPhone用アプリ「Cardful」の提供を開始した。アプリはApp storeから無料でダウンロードできるが、名刺のアップロード枚数に制限がある。有料アップグレードを行えば無制限で利用可能。

Cardfulの利用イメージ。Evernoteとアプリ、双方向で名刺を管理できる

Cardfulは、Evernoteと連携して使用するiPhone用の名刺管理アプリ。名刺に書かれた情報の登録・編集・検索をアプリ上で行える。名刺の登録は、iPhoneのカメラで手元の名刺を撮影する方法、大量の名刺をスキャナで読み込み、パソコン版のEvernote経由で一括登録する方法が用意されている。

名刺で撮影して登録

様々な方法で検索可能

名刺情報をOCR「名刺用文字認識機能」を利用して読み取り、住所・電話番号などの情報を自動でデータ化してくれる。登録した情報は、Evernoteとアプリ双方から編集でき、iPhoneで登録した名刺の内容をパソコンで変更するなど、状況に応じた使い分けも可能。

また登録した情報は、会社名・住所・名前などから検索できる。このほか、iPhoneのカレンダーに入力してあるイベントの開催日以降の登録した名刺を探すことも可能だ。

対応OSはiOS 5以上。無料で登録できる名刺の枚数は初月のみ30枚、それ以降は1カ月に10枚まで。有料アップグレードの価格は1,200円となる。なお、現在、発売記念キャンペーンを行っており、2013年6月30日までは170円でアップグレードできる。

人気記事

一覧

新着記事