AndroidタブとWindowsマシンに変身! ASUSが1台2役の「TransAiO P1801」発表

 

ASUSTeK Computerは19日、液晶一体型のデスクトップPCの新製品「ASUS TransAiO P1801」を発表した。18.4型液晶を採用したディスプレイ部分を取り外してAndroidタブレットとしての利用できる点が特徴。価格はオープン、店頭予想価格は159,800円。4月20日に発売する予定。

ASUS TransAiO P1801は、Windows 8とAndroid 4.1(Jelly Bean)の2つのOSが利用できる。通常のデスクトップPCと同じスタイルの「PCモード」、大型のタブレット端末とし利用できる「PADモード」という2種類の使い方が可能なユニークなデザインが特徴。

ASUS TransAiO P1801

PCモードは、PCステーション部とディスプレイ部を合体させた状態で利用。ワンボタンでWindows 8とAndroidを切り替えることができる。付属のワイヤレスマウス/キーボードを利用するほか、ディスプレイをタッチして操作することも可能。なおPCステーションにはHDMI出力が用意されており、外部ディスプレイを接続することで、PCとタブレットを別々に利用することもできる。

PCモードの状態からディスプレイ部を取り外すとPADモードとして利用できる。同モードで利用する場合はAndroid 4.1が起動する。タブレット利用時のバッテリ駆動時間は最大約5時間。18.4型と大型の液晶を搭載するが、持ち運びやすいようディスプレイ部には取っ手が付いている。

PADモードでは、Androidタブレットとして利用できる

なお、PCステーション部とディスプレイ部を分離した状態でそれぞれ同一のWi-Fiアクセスポイントに接続することで、PADモードの状態でもWindows環境にアクセスできる「リモートデスクトップモード」も利用可能。

寸法・重量はPCステーション部が466(W)×162(D)×267(H)mm・約4.1kg、ディスプレイ部が466(W)×18(D)×294(H)mm・約2.4kg。ドッキング状態は466(W)×162(D)×367(H)mm・約6.5kgとなる。

PCステーション部の主な仕様は次の通り。CPUはCore i7-3770(3.40GHz)で、8GB(DDR3-1600)のメモリ、2TB(HDD)のストレージを搭載する。チップセットはIntel B75 Express、グラフィックスはNVIDIA GeForce GT730M 2GBを採用。OSはWindows 8 64bitを採用する。

インタフェースは、USB 3.0×4、USB 2.0×1、HDMI出力×1、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、SDカードリーダーなど。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載する。

ディスプレイ部(タブレット)の主な仕様は次の通り。ディスプレイに18.4型フルHD(1,920×1,080ドット)IPS液晶を採用。CPUはNVIDIA Tegra 3(1.7GHz)で、2GB(DDR3L)のメモリ、32GB(eMMC)のストレージを搭載する。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)を採用する。

機能面では、100万画素のWebカメラ、メモリーカードリーダー、GPS、加速度センサなどを搭載。通信面では、無線LAN(IEEE802.11b/g/n)、Bluetooth 3.0+EDRをサポートする。バッテリ駆動時間は約5時間。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー