WebKit、Chrome関連コードの削除提案

The WebKit Open Source Project

先日、GoogleがChromeのHTMLレンダリングエンジンを「Webkit」からフォークした「Blink」に切り替えることを発表したが、このアナウンスをきっかけにWebKit開発者内においてChrome関連のコードを削除するかどうかの議論が始まっている。

WebKitの主要開発者の一人でAppleのエンジニアであるGeoff Garen氏がWebkit開発メーリングリストにおいて、Chromeのサポートに必要な機能の一覧をリストアップし、これらコード及びファイルをクリーンアップしようと提案している。Garen氏はコードをスリム化させるいい機会だとしており、開発が容易になる点やよりコヒーレントになる点などの利点を挙げている。

具体的にはV8エンジンやビルドシステムに使用される.gypファイル、コア/ツール/テスト内にあるchromeディレクトリ、グラフィックAPIのSkiaやDOMFileSystemなど。これらChrome関連のコード及びファイルが完全に削除されるのかやいくつかの機能が残るのかはまだわからないが、今後SafariとChromeは全く別のブラウザとなりそうだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事