暗い場所でも本が読める! センチュリー、「Light Wedge2.0」

ニュース
トップ

暗い場所でも本が読める! センチュリー、「Light Wedge2.0」

  [2013/03/25]

センチュリーは3月25日、読書用のLEDライト「Light Wedge(ライトウェッジ)2.0」を発売した。同社のショッピングサイト「白箱.com」で販売されており、直販価格は3,980円となっている。

照らしたいページの上にのせたり下に敷くことで明るくできる

LEDライト部(グリップ)とプレートで構成され、LEDから照射した光をプレートで返照することで読みたいページだけを照らせるライト。プレート部を読みたいページに載せるか下に敷いて利用する。

プレートには歪みのない光学アクリルレンズが使用されており、ページに対して均一に光を照射する。また、アクリルプレート返照方式で、従来の読書ライトと比べ、発酵時の放熱や光漏れが少なく、飛行機や車内など周囲で人が寝ている場所での読書に適している。

利用イメージ

しおりとしても使用できる

サイズはW165×D225×H11mmで、四六判からA5判まで多様なサイズの書籍に対応する。重量は約220g。

電源は充電池を採用しており、充電はUSB経由で行う。フル充電時の連続使用時間は約15時間となっている。

充電はUSB経由で行う

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    新着記事

    【連載】ゼロからはじめる「Cloud Testing Service」 第7回 複数テストの管理と値の分析
    [10:00 12/18] テクノロジー
    【レポート】一般企業が「創る、活かす、つなぐ」時代を迎えたOpenStack-イノベーションのためのヒントを掴め
    [09:56 12/18] エンタープライズ
    グレープシティ、.NET帳票開発コンポーネントの最新版でクラウド対応
    [09:53 12/18] 開発・SE
    【コラム】開発コラボレーションのヒント from Atlassian Blogs 第58回 HipChat Server にディレクトリ連係を追加
    [09:32 12/18] エンタープライズ
    米アバイアとグーグル、法人向けコンタクトセンター事業で協業
    [09:32 12/18] エンタープライズ

    特別企画

    一覧