暗い場所でも本が読める! センチュリー、「Light Wedge2.0」

 

センチュリーは3月25日、読書用のLEDライト「Light Wedge(ライトウェッジ)2.0」を発売した。同社のショッピングサイト「白箱.com」で販売されており、直販価格は3,980円となっている。

照らしたいページの上にのせたり下に敷くことで明るくできる

LEDライト部(グリップ)とプレートで構成され、LEDから照射した光をプレートで返照することで読みたいページだけを照らせるライト。プレート部を読みたいページに載せるか下に敷いて利用する。

プレートには歪みのない光学アクリルレンズが使用されており、ページに対して均一に光を照射する。また、アクリルプレート返照方式で、従来の読書ライトと比べ、発酵時の放熱や光漏れが少なく、飛行機や車内など周囲で人が寝ている場所での読書に適している。

利用イメージ

しおりとしても使用できる

サイズはW165×D225×H11mmで、四六判からA5判まで多様なサイズの書籍に対応する。重量は約220g。

電源は充電池を採用しており、充電はUSB経由で行う。フル充電時の連続使用時間は約15時間となっている。

充電はUSB経由で行う

人気記事

一覧

新着記事

最低賃金が全国平均823円に - 2002年度以降最大上げ
[11:39 8/24] マネー
グーグルが2つ目のビデオ通話アプリ「Duo」をリリース、一体何がしたいのか
[11:36 8/24] 経営・ビジネス
故障したNASAの太陽探査機から2年ぶりに信号届く - 通信途絶から復活果たす
[11:32 8/24] テクノロジー
羽鳥アナ、高畑容疑者逮捕に「これだけ活躍している時期に、なぜ…」
[11:31 8/24] エンタメ
【特別企画】現役女子高生ダンサーが初体験! 『制服×カホン』で踊ってみた
[11:30 8/24] スマホとデジタル家電