Amazon、年内にも日本でアプリ配信を開始へ - 開発者向けポータルを開設

 

米Amazon.comは、10月4日(日本時間)に、日本国内に向けたアプリの配信用ポータルサイトをオープンした。これに伴い、携帯アプリの開発者に対し、同社が運営するアプリストア「Amazon Appstore」を通じて、年内に日本で配信予定のアプリの登録受付を開始した。

「Amazon Appstore」は、すでにアメリカとヨーロッパでサービスを開始しており、Kindle FireやPC、Androidスマートフォン、タブレットから直接アプリを購入できる。お薦め機能、カスタマーレビュー、ベストセラーリストなど通常のAmazonのWebサイトに備わったショッピング機能が利用できる。

開発者向けポータルサイト

また、アプリ内に組み込める課金APIを提供。仮想アイテムや定期購読コンテンツなどのアプリ内アイテムの販売をサポートするほか、ほかのユーザーとゲームのスコアやランキングを比較できるリーダーボードや、ゲームのプレイデータを複数の端末間で同期するAPIであるGameCircleの提供も行う。

今回、開設したアプリ配信用ポータルサイトでは、アプリ開発者に対して、アプリの最適化や、ローカライズをするためのサポートを用意する。利用をする際は、登録が必要で、初年度の費用は無料だという。

プレスリリースに対して、ヤフーとスクウェア・エニックスがそれぞれコメントを寄せ、ヤフー 代表取締役社長 最高経営責任者 宮坂学氏は「Amazon アプリ配信の日本での開始により、Amazonのお客様にYahoo! JAPANのアプリを直接ご紹介できる事を楽しみにしています」、スクウェア・エニックス 代表取締役社長、和田 洋一氏は「Amazonの日本展開は刺激的な出来事であり、我々が培ってきたインタラクティブ・エンタテインメントにおける経験を活かし、世界のより多くの人々に魅力的なコンテンツを提供してまいります」としている。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

声優・久保ユリカ、2ndシングル「SUMMER CHANCE!!」を8/17リリース! 東京・池袋で発売記念お渡し会を開催
[00:57 9/1] ホビー
Acer、世界初の曲面ディスプレイ搭載21型ゲーミングノートPC
[00:44 9/1] パソコン
ASUS、本体厚8mmのUSB Type-C対応15.6型モバイル液晶「ZenScreen」
[00:40 9/1] パソコン
Acer、エントリーモデルのAndroidスマホ「Liquid Z6」と「Liquid Z6 Plus」
[00:31 9/1] スマホとデジタル家電
緊急入院の志村けん、退院を報告「皆さんに心配掛けました」
[00:30 9/1] エンタメ