Samba、リモートからコードが実行される脆弱性に対処

ニュース
トップ

Samba、リモートからコードが実行される脆弱性に対処

後藤大地  [2012/04/13]

Samba is the standard Windows interoperability suite of programs for Linux and Unix.

The Samba Teamは4月10日(協定世界時)、発見されていた脆弱性に対処したことを発表した。SambaはWindowsファイル共有の機能を提供するオープンソースのソフトウェア。クロスプラットフォームとなっており、Linux/FreeBSDなどをベースにファイルサーバを構築するケースや、NASストレージなどのアプライアンスで採用される事例が多い。

対応したSambaは「Samba 3.6.4」、「Samba 3.5.14」、「Samba 3.4.16」の3バージョン。どのバージョンもリモートからroot(管理者)ユーザ権限でコードが実行される脆弱性に対処している。この脆弱性はセキュリティ研究者であるBrian Gorenc氏Zero Day Initiativeの研究員が発見されたものだという。

各バージョンのソースコードはSambaのFTPサイトで公開されており、ユーザに対して速やかに更新するよう勧告している。また、この脆弱性はサポートを終了しているSamba 3.0以上のバージョンも影響を受けるとしており、サポート対象外となった「Samba 3.0.37」、「Samba 3.2.15」、「Samba 3.3.14」なども含むすべてのバージョン向けにパッチを提供している。パッチの適用方法はこちらで紹介されている。

関連したタグ


特別企画 [PR]

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    バーミヤン、「チャーハン新時代」フェア開催 - 5種類の新メニューが登場
    [06:00 8/28] ライフ
    虐待情報の連携組織4割設置せず - 努力義務、県レベルに差
    [05:24 8/28] 共同通信
    マツコロイド、L・キーの撮影でファッション誌の表紙に「沢尻を超えるわ」
    [05:00 8/28] エンタメ
    無所属の悪童バートン、英2部バーンリー加入が決定…単年契約結ぶ
    [04:33 8/28] ライフ
    Apple、9月9日にロックゆかりの場所でイベント開催、iPhone新モデル発表へ
    [04:25 8/28] 携帯

    特別企画 [PR]

    一覧