Samba、リモートからコードが実行される脆弱性に対処

ニュース
トップ

Samba、リモートからコードが実行される脆弱性に対処

後藤大地  [2012/04/13]

Samba is the standard Windows interoperability suite of programs for Linux and Unix.

The Samba Teamは4月10日(協定世界時)、発見されていた脆弱性に対処したことを発表した。SambaはWindowsファイル共有の機能を提供するオープンソースのソフトウェア。クロスプラットフォームとなっており、Linux/FreeBSDなどをベースにファイルサーバを構築するケースや、NASストレージなどのアプライアンスで採用される事例が多い。

対応したSambaは「Samba 3.6.4」、「Samba 3.5.14」、「Samba 3.4.16」の3バージョン。どのバージョンもリモートからroot(管理者)ユーザ権限でコードが実行される脆弱性に対処している。この脆弱性はセキュリティ研究者であるBrian Gorenc氏Zero Day Initiativeの研究員が発見されたものだという。

各バージョンのソースコードはSambaのFTPサイトで公開されており、ユーザに対して速やかに更新するよう勧告している。また、この脆弱性はサポートを終了しているSamba 3.0以上のバージョンも影響を受けるとしており、サポート対象外となった「Samba 3.0.37」、「Samba 3.2.15」、「Samba 3.3.14」なども含むすべてのバージョン向けにパッチを提供している。パッチの適用方法はこちらで紹介されている。

関連したタグ

関連記事

関連サイト

新着記事

特別企画

一覧

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事

    神奈川県・箱根町の美術館で「宇宙祭」開催 - 天体観測やワークショップも
    [10:32 10/22] 旅行
    世界最強磁石化合物超える新物質を合成
    [10:31 10/22] テクノロジー
    東京都・海の森公園でイベント「ペットロスと向き合おう」開催
    [10:31 10/22] ライフ
    【レビュー】やはり実務経験から生まれたサービスは違う!バックオフィス業務を効率化できるクラウド型サービス「board」
    [10:29 10/22] エンタープライズ
    東京都・井の頭自然文化園が、80周年記念企画展を開催
    [10:27 10/22] ライフ

    特別企画

    一覧