AOL、800件を超える特許をMicrosoftに売却

インターネット大手の米AOLは4月9日(現地時間)、保有する800件を超える特許と関連する特許出願を米Microsoftに売却すると発表した。また残る300件以上の特許についてもMicrosoftに非独占的なライセンスを提供する。合意金額は10億5600万ドル。規制当局の認可などを待って、2012年末には売却が完了する見通しだ。

AOLは800件の特許売却後も、広告や検索、コンテンツ生成/管理、ソーシャルネットワーキング、マッピング、マルチメディア/ストリーミング、セキュリティなど、同社の戦略のコアとなる300件を超える特許を保有し続ける。またMicrosoftに売却する特許についても使用ライセンスを受け取る。同社は特許の売却益の大部分を株主に還元するとしており、売却完了までに最も効率的で効果的な方法を決定するという。

AOLの特許に関してはGoogleなども関心を示していたと報じられているが、MDB Capital Groupによると、これまでAOLの特許を最も引用してきたMicrosoftが特に熱心だった。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事