米国で人気再燃? 年末にスマホを購入した人の約半数がiPhoneを選択

 

米Nielsenは1月18日、米国の消費者を対象としたスマートフォンに関する調査結果を発表した。2011年12月、新規にデバイスを購入した人の44.5%が米Appleの「iPhone」を購入したと回答、10月調査の25%から大きく増加した。なかでも、2011年秋に発売となった最新機種「iPhone 4S」が人気を牽引しているという。

2011年12月に購入したスマートフォンの機種を聞いたところ、半数近くとなる44.5%がiPhoneと回答、Android端末の46.9%に大きく詰め寄った。iPhone購入者のうち57%はiPhone 4Sを購入していた。

11月はAndroidが48.7%、iPhoneが38.8%、10月はAndroidが61.6%、iPhoneが25.1%だった。Android人気が一段落し、iPhone 4Sが選ばれているようだ。この間、カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」は7.7%(10月)、6.4%(11月)、4.5%(12月)と下降線をたどっている。

結果、2011年第4四半期(10月ー12月)のスマートフォンOS別シェアは、Androidが46.3%、iOS(iPhone)が30%、BlackBerryが14.9%、Windows Mobileが4.6%となったという。過去3ヵ月だけのシェアを見ると、Androidは51.7%、iOSは37%に増えるが、BlackBerryは6%に縮小する。

加えて、同社は米国の消費者のうちスマートフォン所有者の比率は46%に達しており、新規購入の6割がスマートフォンを選んでいることも報告している。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ

求人情報