GoogleがAndroidのバージョン別シェアを公開

Googleは、Android開発者向けのWebサイト「Android Developers」において、Android OSのバージョン別シェアの最新データを公表した

このデータは、Androidマーケットにアクセスした端末数の集計にもとづくもので、1月3日までの直近14日間の数字となっている。同サイトが発表するデータでは、今回、Android 4.0(Ice Cream Sandwich)が初めて取り扱われた。

公表されたデータによると、もっとも使われているバーションは、Android 2.3(Gingerbread)で、Android 2.3~2.3.2とAndroid 2.3.3~2.3.7を合わせると、55.5%を占める。次いで、Android 2.2(Froyo)が30.4%となり、Android 2.3とAndroid 2.2が搭載された端末が全体の85%以上を占めていることがわかる。

バーション コードネーム シェア
Android 1.5 Cupcake 0.6%
Android 1.6 Donut 1.1%
Android 2.1 Eclair 8.5%
Android 2.2 Froyo 30.4%
Android 2.3~2.3.2 Gingerbread 0.6%
Android 2.3.3~2.3.7 54.9%
Android 3.0 Honeycomb 0.1%
Android 3.1 1.5%
Android 3.2 1.7%
Android 4.0~4.0.2 Ice Cream Sandwich 0.3%
Android 4.0.3 0.3%

シェアデータに初登場したAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)は、Android 4.0~4.0.2とAndroid 4.0.3の数字を合わせると、全体の0.6%となっている。日本国内でもAndroid 4.0を搭載したサムスン電子製の「GALAXY NEXUS」が発売されたが、現在のところ、Android 4.0を搭載する主な端末は「GALAXY NEXUS」とアップデートした「Nexus S」のみとなっているため、まだシェアはわずかにとどまっている。

Androidのバージョン別シェアの円グラフ。2012年1月3日までの直近14日間のデータとなる

そのほか、タブレット向けOSであるAndroid 3.0(Honeycomb)のシェアは3.3%となり、増加傾向にはあるものの、Android 2.3などと比べると数字はかなり小さい。また、Android 1.5、1.6、2.1のシェアはそれぞれ、0.6%、1.1%、8.5%となっている。

バージョン別シェアの推移

(記事提供:AndroWire編集部)

関連記事

米国スマホ市場はAndroid+iPhoneで7割超、メーカー別ではAppleが首位 (2011年12月02日)
中国がスマートフォンで世界最大の市場に - メーカー別はNokiaが首位に (2011年11月24日)

人気記事

一覧

新着記事