米国スマホ市場はAndroid+iPhoneで7割超、メーカー別ではAppleが首位

 

調査会社の米Nielsenは11月29日(現地時間)、米国における2011年第3四半期の携帯電話プラットフォーム別/メーカー別シェアを発表した。それによれば、全スマートフォンのうち71%がAndroidまたはiPhoneだが、過去30日間の両プラットフォームのモバイルアプリのダウンロードシェアはそれを上回る83%となり、アプリの利用率が高いことがわかる。また、OSのシェアではAndroidが最大勢力であるものの、メーカー別シェアではAppleが首位をキープし、BlackBerryのRIMも3位のポジションを保つなど、まだAndroidのひとり勝ちとはいえない状況が見えてくる。

下図はNielsenのまとめたマトリクス配列のシェア分布図。横方向がOSプラットフォームの区分になっており、ここからさらにメーカー別にシェアが区分されている。OS別ではAndroid、iPhone (iOS)、BlackBerryの順、メーカー別ではApple、HTC、RIMの順になっていることがわかる。またWindows Phone 7はシェアが1.2%と、まだまだ3大勢力には遠く及ばない。

2011年第3四半期のプラットフォーム別/メーカー別スマートフォンシェア(出典: Nielsen)

FortunesのApple 2.0 BlogでPhilip Elmer-Dewitt氏が同調査の過去のデータを紹介しているが、BlackBerryのシェアが減ってAndroidの勢力が拡大、メーカー別ではSamsungのシェアがMotorolaのそれを逆転していることが確認できる一方で、Windows Phone 7のプレゼンスは依然として低く、さらなる拡販努力が求められているといえる。

このほかのデータとしては、米国における携帯電話シェアの半数をスマートフォンが占める状態に近付いていることが紹介されている。例えば現在、米国の携帯電話契約のうちの44%がスマートフォンによるものだとされているが、一方で過去3ヶ月の集計で新機種購入ユーザーのうちの56%がスマートフォンを選んでおり、過半数を超えるのは時間の問題だと考えられる。

関連記事

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

好きな人の物を盗むのは“あるある”?不倫×SF描く米代恭、村田沙耶香とトーク
[23:54 7/23] ホビー
[LoVendoЯ]ギター担当の魚住有希が9月卒業を発表 今後はギタリストとして海外での勉強も視野
[23:51 7/23] エンタメ
高田桂「あねコン」1巻、狐に憑かれた義姉とのラブストーリー
[22:41 7/23] ホビー
あの日あの時あのコンピュータ 第13回 「8ビット御三家」最終形への夜明け前(その2) - NEC「PC-8001」
[21:04 7/23] パソコン
『おそ松さん』よりひょこっとラバーストラップの第2弾が登場
[20:00 7/23] ホビー