NEC、約3割の開発工数を削減するANAの共通連携基盤を構築

ニュース
トップ

NEC、約3割の開発工数を削減するANAの共通連携基盤を構築

  [2011/09/30]

NECは9月29日、同社のSOAに基づく「オープンミッションクリティカルシステム SI技術」を用いて、ANAのIT基盤「共通連携基盤」を構築したと発表した。

同基盤は、旅客管理システム・運航管理システム・決済システムなどANAの基幹業務システム間のデータ連携を標準化し、今後新たに構築するシステムやクラウドサービスなどとの迅速な連携を可能とする。同基盤により、これまでにのようにシステムごとにインタフェースを作りこむ必要がなくなるため、約3割の開発工数の削減が見込めるという。

今回、NECはオープンミッションクリティカルシステム SI技術を活用することで、約4ヵ月間で、約70種に及ぶANAの基幹業務システム共通連携基盤に移行できたとしている。

「共通連携基盤」の概要

同基盤の主な特徴は、「ESBを活用したシステム間連携の標準化・拡張性・柔軟性の向上」、「高可用・高性能な大規模共通連携基盤の構築」、「システム全体の性能異常の早期検知と原因分析の迅速化」。

ESB製品として日本オラクルの「Oracle Service Bus」が、サーバ/ストレージには、NECの「NX7700iシリーズ」「iStorage D8シリーズ」が採用されている。

また、NECの統合管理ソフトウェア「WebSAM MCOperations」を中核とした統合監視システムを導入することで、共通連携基盤のインフラからアプリケーションの状態まで、業務システム単位でリアルタイムの可視化が実現されている。これにより、性能遅延を早期に検知し、障害時の影響範囲の把握や原因特定を迅速化が可能になっている。

統合監視システムの画面イメージ

共通連携基盤の開発段階から、運用プロセス設計をANAと共同で実施。約3万件の障害対処に関するナレッジを集積することで、インシデント1件当たりの平均対応時間を従来比で約90%短縮化し、運用後の安定稼動を実現している。

関連したタグ
    

    マイナビニュースのセミナー情報

    オススメ記事

    マイナビニュースの集合特集

    関連記事

    関連サイト

    新着記事

    転職ノウハウ

    あなたの仕事適性診断
    あなたの仕事適性診断

    4つの診断で、自分の適性を見つめなおそう!

    Heroes File ~挑戦者たち~
    Heroes File ~挑戦者たち~

    働くこと・挑戦し続けることへの思いを綴ったインタビュー

    はじめての転職診断
    はじめての転職診断

    あなたにピッタリのアドバイスを読むことができます。

    転職Q&A
    転職Q&A

    転職に必要な情報が収集できます

    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア
    ドS美人面接官 vs モテたいエンジニア

    入室しようとしたら、マサカリ投げられちゃいました!?

    特別企画

    一覧

      人気記事

      一覧

      イチオシ記事

      新着記事

      特別企画

      一覧

        求人情報