at+link、ソーシャルアプリ向け専用サーバに画像ストレージオプション追加

 

リンクとエーティーワークスは9月14日、両社が共同で運営している専用サーバサービス「at+link」において、ソーシャルアプリ向け専用サーバパッケージ「at+link アプリプラットフォーム」のオプションサービスとしてKVS(Key-Value Store)を利用した画像ストレージ機能を提供することを発表した。

新オプションの最大の特徴は、CDN(Contents Delivery Network)や画像専用サーバを用意する場合に比べてコストを抑えられる点。月額1万5750円/100GBで、トラフィックに関係なく固定料金で提供される。また、容量の追加に関しても必要なときにいつでもコントロールパネルから行えるうえ、RESTでの接続が可能で、神戸デジタル・ラボが開発した分散型KVS okuyamaによってレスポンスが高速といった特徴もある。

画像ストレージの利用イメージ

なお、at+link アプリプラットフォームは、2010年11月より提供されているソーシャルアプリ向け専用サーバサービス。月額固定料金で提供され、高速NAND型フラッシュメモリioDriveを搭載したサーバが利用できる。また、今年3月からは、分散型KVS okuyamaをベースとしたインメモリデータキャッシュ機能もオプションサービスとして用意している。

今回発表された画像ストレージオプションは同日より提供が開始される。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

男性が育休取得しない理由、「仕事を代わってくれる同僚がいない」が1位
[13:55 8/30] シゴト
AED、中小企業の5割が「未設置」 - その理由は?
[13:54 8/30] シゴト
坂上忍、高畑容疑者報道「今年一しんどい」と吐露 - 出演者と3度口論に
[13:52 8/30] エンタメ
最近パクチー足りてる? パクチーづくしのタイ風居酒屋に行ってきた
[13:52 8/30] 趣味
ソニー、実売16万円前後の49V型4K BRAVIAスタンダードモデル「X7000D」
[13:50 8/30] スマホとデジタル家電