アイリッジ、Twitterなどソーシャルメディアでの評判分析サービスを提供

アイリッジは8月8日、NTTデータとの業務提携により、ソーシャルメディア上の言語解析・評判分析サービスを提供開始したと発表した。同サービスは、NTTデータが提供するマーケティング・リサーチサービス「なずきのおと」を活用している。

同サービスを利用することにより、Twitterなどソーシャルメディア上におけるブランド・商品・サービスの評価や投稿を定量化、風評監視を行うことができる。また、ソーシャルメディア上のユーザーの意見を収集し、新たなニーズを掘り起こすことも可能となっている。

サービス料金は初期費用15万円~、月額利用料は9万5千円~。ソーシャルメディアの評判分析コンサルティングサービスなどについては別途費用が必要となる。

なお同社は今後、アイリッジの提供する携帯電話向けの位置連動型プッシュ式メッセージ通知サービス「popinfo」と、同サービスの連携を検討しており、より情報価値の高いプッシュ式メッセージ通知サービスの実現に向けて取り組みを進めていく予定とのこと。

位置連動型プッシュ式メッセージ通知サービス「popinfo」

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事