米Google、Android 3.0 "Honeycomb"のPlatform PreviewとSDKを公開

 

米Googleは1月26日(現地時間)、同社がタブレット向けに開発を行っているモバイルOSの最新版「Android 3.0 "Honeycomb"」のPlatform PreviewとSDKを公開した。Honeycombでは「Holographic UI」と呼ばれる新しい3D型インタフェースが最大の特徴。マルチコアプロセッサへの対応のほか、HTTP Live Streamingのサポートなど、大画面デバイスでの利用を想定した機能強化が行われている。

Honeycomb搭載タブレットについては1月初旬に米ネバダ州ラスベガスで開催されたInternational CES 2011でMotorola、Samsung、東芝の3社が搭載製品のプレビューを行っており、Android OSが新型UI搭載で大幅にリフレッシュされることが明らかになった。今回のPlatform PreviewとSDKの提供はAndroid 3.0でのアプリ開発とテストを開発者に促すためのもので、新UIのテストや検証が可能となる。なお、Googleでは今回のSDKは最終版ではなく、ここでテスト開発したアプリをAndroid Marketで公開しないよう注意している。SDKの最終版は数週間内にも提供される見込みで、2月中旬前後となりそうだ。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー