9月1日、仮想化セミナー開催決定! - 運用からハード選びまで要点を詳解

ここ数年、急速に普及が進んでいる仮想化技術。CPUのMany-Core化との相性が抜群で、リソースの活用度合いを劇的に高める効果があることはご存じのとおり。サーバのサポート契約切れなどをきっかけに、導入を検討している企業も少なくないだろう。

しかし、いざ実際に導入しようとなると、そう簡単に事は運ばない。「仮想化」という新たなレイヤーをITシステムに挿入することになるため、これまでとは異なる視点での考慮が求められる。必要なステップを飛ばして成り行き任せで導入を進めた結果、かえって管理が大変になったというケースもあるようだ。

そこで、本誌は、仮想化の導入を検討中のシステム管理者を対象とした技術セミナー『ジャーナルITサミット 2010 仮想化 - 仮想化導入の必須知識をまとめて学べる実践講座』を9月1日(水)に開催する。

当日は、ビジネスへの影響や運用フローまでを意識したコンサルティングを行っているアクセンチュア、仮想環境の特性に対応したハードウェアやソフトウェアを提供している日本IBM、仮想化ソフトウェア「Hyper-V」と各種の業務ソフトウェアを提供しているマイクロソフトの3社から有識者を迎えて、仮想化導入のポイントを詳しく解説していく。

プライベートクラウドの構築を成功させるための要点や、海外/国内での成功事例などにも触れる予定で、ほかでは聞けないノウハウがたっぷりつまったセミナーになっている。お時間のある方はぜひ足をお運びいただきたい。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事