ドコモ、モデム利用も定額対象「海外パケ・ホーダイ」を9月より提供

 

NTTドコモは3日、国際ローミング中のパケット定額サービス「海外パケ・ホーダイ」を提供すると発表した。9月1日から提供を開始する。

海外パケ・ホーダイは、特別な申し込みなしで、海外でのパケット通信が定額で利用できるサービス。定額となるとなるのは、対象事業者のネットワークを利用した海外でのパケット通信。iモード通信、iモードフルブラウザ通信、スマートフォンでの通信のほか、PCなどの外部機器を接続した通信も定額対象となる。20万パケットまでは1日あたり上限1,980円、20万パケット以降は1日あたり上限2,980円で提供される。

料金イメージ

なおサービス提供開始から3月31日までは、20万パケットを超えても1日あたり1,480円の上限額で提供される。4月1日以降の料金は以下の通り。

定額対象通信のパケット量 上限額(日額) 上限額到達までのパケット通信料
iモード スマートフォン・データ通信(パソコン接続など)
20万パケットまで 1日あたり最大1,980円 1通信ごと
50パケットまでは50円、50パケットを超える部分は1パケットあたり0.2円
1パケットあたり0.2円
20万パケット以降 1日あたり最大2,980円 1パケットあたり0.2円

同サービスの適用条件は、国内のパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル、パケ・ホーダイ シンプル、パケ・ホーダイフル、パケ・ホーダイ、Biz・ホーダイ」または定額データプラン「定額データプラン スタンダード(バリュープラン含む)、定額データプラン64K(バリュープラン含む)、定額データプランHIGH-SPEED(バリュープラン含む)」を契約していること。特別な申し込みなどは必要ない。11月30日までは上記のサービス・料金プランを契約していなくても、サービスが適用される。

なお、同サービス利用する際は、渡航先で携帯電話のネットワーク設定をユーザー側で「海外パケ・ホーダイ対象事業者」に設定する必要がある。対象事業者以外に接続した場合は定額対象外となる。サービス開始当初の対象事業者は以下の通り。

国・地域 事業社名(略称)
北米 アメリカ(本土) AT&T/Cingular
アラスカ AT&T/Cingular
ハワイ AT&T/Cingular
アジア 韓国 KT/KTF
台湾 FET
中国 UNICOM/CU-GSM
香港 3(2G)・3HK
インド CellOne・DOLPHIN
インドネシア INDOSAT
シンガポール STARHUB
タイ TRUE
フィリピン SMART
オセアニア オーストラリア Optus
ヨーロッパ アイルランド O2-IRL
イギリス O2-UK
オーストリア TMA
カナリア諸島 movistar
スペイン movistar
チェコ O2-CZ/ET-CZ
ドイツ TMO D
フランス BYTEL
モナコ BYTEL
中南米 米領バージン諸島 AT&T/Cingular
プエルトリコ AT&T/Cingular
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

TVアニメ『sin 七つの大罪』、メインキャスト出演の音声ドラマ第1話を公開
[01:42 10/1] ホビー
TVアニメ『ガーリッシュ ナンバー』、放送開始直前! ニコ生での特番決定
[01:29 10/1] ホビー
TVアニメ『競女!!!!!!!!』、秋葉原で水着風コンパニオンが号外新聞を配布!?
[01:03 10/1] ホビー
『ALL OUT!!』、千葉翔也&安達勇人が秩父宮ラグビー場でトークイベント開催
[00:43 10/1] ホビー
エアアジア・ジャパン、年内就航延期・仙台線断念「事業の選択と集中」
[00:28 10/1] 趣味