iPodも「私的録音録画補償金」の"課金対象"に - 文化庁が制度見直し案

 

文化庁は8日、私的利用を目的とした録音録画機器に課金する「私的録音録画補償金」の課金対象に、iPodなどの携帯音楽プレイヤーなどを含める制度見直し案を明らかにした。だが、これらの製品に課金されることになるメーカー側は、「縮小することになっているはずの私的録音録画補償金制度が、逆に拡大されることになる」と反発を強めている。

私的録音録画補償金制度は、私的使用を目的とした個人または家庭内での著作物の複製について、一定の割合で録音録画機器のメーカーから補償金を徴収し、著作権権利者への利益還元を図るもの。

だが、iPodなどの携帯音楽プレイヤーやHDDレコーダー、次世代DVD、PCといった現行の補償金制度外の機器についても対象に含めるよう求める権利者側と、著作権保護技術の進歩を理由に同制度の縮小を求めるメーカー側の主張は大きく異なっており、文化庁の「私的録音録画小委員会」で両者の調整が図られてきた。

8日開かれた同委員会の第2回会合で文化庁が提示した同制度の見直し案では、音楽CDからの録音と無料デジタル放送からの録画を前提とし、iPodなどの音楽プレイヤーとHDDレコーダーを補償金の課金対象とすることが提案された。

ただし、補償金額の決定にあたっては、これらの前提とは異なる、インターネット経由の音楽配信での使用率などを考慮した上で決定すべきとしており、従来の録音録画機器との違いも打ち出している。

また、PCについては、「現状では、録音録画を主たる用途としている機器とはいえない」として、課金対象から外すよう提案している。

だが、見直し案に従えば音楽プレイヤーやHDDレコーダーに課金されることになるメーカー側は、「縮小することになっているはずの私的録音録画補償金制度が、逆に拡大されることになる」と反発。委員会で権利者側との意見調整がまとまるかは予断を許さない状況だ。

これについて、文化庁長官官房 著作権課 著作物流通推進室 企画調査係長の清田正郁氏は、「私的録音録画補償金制度については、基本的には縮小・廃止の方向にあり、今回文化庁から示した案も暫定的なものといえる。今後も委員会で権利者とメーカーの調整の進展を促していきたい」と話している。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア

求人情報