たかはし智秋と若林直美に直撃!「ファミソン8BIT☆アイドルマスター」第3弾

 

ピコピコ8BITでおなじみの「ファミソン8BIT」シリーズと人気の「アイドルマスター」の企画CD第3弾として4月23日にリリースされた「ファミソン8BIT☆アイドルマスター03 三浦あずさ/秋月律子」。第3弾で声・歌を担当しているたかはし智秋と若林直美から届いたコメントを、今回もじっくりと紹介していこう。

たかはし智秋と若林直美が語る「ファミソン8BIT☆アイドルマスター03 三浦あずさ/秋月律子」

「三浦あずさ」を演じるたかはし智秋

自分の演じているキャラクターの簡単な説明をお願いします
若林「私の演じる秋月律子の特徴は、まずはメガネ! そして三つ編み! メガネに三つ編みでステージに立っちゃうような娘です。普通のアイドルだったらありえない感じですが、事務員から、人が足りないからっていう事でアイドルになった娘なんです。だから、すごいコンプレックスがあって、自分は容姿もスタイルも良くないから、なんとか知能で、小手先の技でアイドルの頂点を極めてやろうと思っているので、かなりひねくれています(笑)。あと、気が強いので、プロデューサー(プレイヤー)に意見することもよくあります。なので、最初はありえない! って思ってみんな選択しないと思うんですけど、頑張ってレベルを上げていくと結構、ほろほろと弱い所も見せるようになるんです……。でも、そこまでが長い!(笑) 結構そこまで行くのが大変なんです」
たかはし「三浦あずささんは、天然で癒し系のお姉さんです。私自身は、かなりシャキシャキしゃべるほうなので、こんなにおっとりした役は初挑戦でした。なので、この役をいただいた時には、かなり生みの苦しみも味わったんですけど、それだけに役者としての幅を広げてくれた役でもあって、あずささんには感謝しています。私との唯一の共通点は方向音痴なところですね! あずささんはすごい方向音痴で、事務所に行くのにも迷っちゃうようなキャラクターなんですけど、私も同じように初めて行くところにはかなり余裕をもって行かないと辿り着けないんですよ(笑)」

「秋月律子」を演じる若林直美

ファミソン8BITとアイドルマスターの企画を聞いたときの感想は?
たかはし「今は、空前の昭和ブーム!(笑)なので昭和のゲームが好きな人も、アイマスが好きな人も同時に楽しんでいただけるような企画だなーと思いました。昔流行ったブームって、一周回って帰ってくるものだと思うんです。だから今、このファミソン8BITが帰ってきたのも、来るべくして来たものなんだと! たぶんこのCDを聴いてくださる方の中には平成生まれの方もいると思うんですけど、そういう方もこれを聴いて、昔のゲームをやってみたくなったりするんじゃないかと思います」
若林「やっぱり私たちの世代って、8BITから16BITになって、BITからMEGA! みたいな感じで、ドンドン音数が増えていって、今ではCDとかわらないくらいの音で、しかも声まで出ちゃう、という進化の歴史を見て来ているじゃないですか? だから最初は、なんで8BIT? と思ったんです。私もファミコン世代なので、もちろんピコピコした8BITっていうのは知ってたんですけど、音数を減らした感じをイメージしていたので『着信音的なものになるのかな?』とか、正直『ちょっと寂しい感じになるのかな?』と思っていたんですけど、実際に聴いてみたら、全然寂しさは感じない、というよりも賑やかだし、軽く楽しい感じで、おもしろいな~と思いました」

律子とあずさの2人でのミニドラマはいかがでしたか?
たかはし「これは組み合わせにもよると思うんですけど、今回はアイマスの中でも1、2を争うしっかり者の律ちゃんなので、あずささん的には、安心してぼ~っとしていられる組み合わせでしたよね。ほんとに律ちゃんには申し訳ないです! この場を借りて謝っておきます。律ちゃんごめんなさい! というより若林直ちゃん、ごめんなさい!(笑)」
若林「あずささんがいつものまんまなので、律ちゃんはそのぶん頑張ってます(笑)。あずささんと律ちゃんの掛け合いっていうよりは、律ちゃんがず~っとしゃべってて、たまにあずささんしゃべるっていうパターンでした(笑)。そしてあずささんはセリフ数少ないのに美味しい! みたいな。それと律ちゃんはすごく寒い思いもしてるので、みなさんも一緒に寒くなって下さい(笑)」

新曲のレコーディングはいかがでしたか?
若林「おもしろかったです! 最初聴いたときに、今まで結構、ポップだったり、ロックだったり、歌謡曲っていうか、歌のジャンルに入っている曲を歌ってきたんですけど、今回はその歌のジャンルからずいぶん逸脱した所にある曲だな、と思いました。歌詞とか、曲とかも、これは歌じゃないだろう! というか、元々BGMのイメージの曲に歌詞を乗せるというので、セリフ量が多いというか、歌詞の量が多いっていうか、それに音数も多くて、それをどう歌いこなすのかというので、必死に練習しました」
たかはし「新曲は本来ゲームの中の曲としてナムコゲームの曲をアレンジして作られたものなので、律ちゃんの曲もそうなんですけど、基本的に歌うようには作ってないんですよね。メロディーを乗せる用には作られていないように感じましたね。そこに歌詞を乗せているので、歌うにはわりと難しい曲だと思いました。でも、私の曲は、アイドルマスターの中でも代表的な「THE IDOLM@STER」という曲を作った佐々木宏人さんがアレンジをしてくれていますので、私の中では耳慣れた感じで安心できましたね。あと『源平討魔伝』というくらいなので、わりと歴史的な、和のテイストを入れて踊るようなイメージの曲で(笑)、ちょっと妖艶な感じもあって、楽しんで歌わせていただきました。ちゃんとあずささんなっているかなと心配もありましたけど(笑)」

今回はアイドルマスターとファミソン8BITの企画CDでしたが、今後の展開も楽しみですね
たかはし「今回の企画でリミックスされた歌を聴いて、またアイドルマスターの新しい魅力を発見したんじゃないかと。だから、次は是非チェケラッチョバージョンで!(笑)」
若林「今回のファミソン8BITに続いて、このままデジタルの世界に入っていくなら、アイドルマスターのRPGとかも出来るんじゃないかと思うんです。ゲームという世界にさらにこだわっていくなら、アイマスシミュレーションでも、アイマスシューティングでも、格闘でもいいんですけど、せっかくバンダイナムコゲームスから生まれたアイドルなので、是非いろんなジャンルのゲームにも進出していきたいです!」

CDを楽しみにしている人へのメッセージをお願いします
若林「どこまで私なんだ? どこまで律ちゃんなんだ? っていう部分も楽しんでいただきたいですし、あと、私自身めちゃくちゃファミコン世代で、寝ないでファミコンやっていたような子だったんですよ。『バベルの塔』をやっていた世代の人に懐かしんでいただきつつ、アイドルマスターを知っていただくのも嬉しいですし、逆に律ちゃんのファンの人が、これを聴いて、ちょっと『バベルの塔』をやってみようかな? と思ってくれても嬉しいですし、いろんな楽しみ方があるのかなって思います。是非聴いてみてほしいですね」
たかはし「あずささんと律子ちゃんがアトラクションをエスコートしながら、アイドルマスターのヒット曲を聴けたり、昔懐かしい曲も楽しめたりと、いろんな要素が入っているCDです。アイドルマスターが昭和と平成を繋ぐ! という、おもしろい内容になっています! 空前の昭和ブームだからこそ生まれた企画だと思いますので、是非より多くの方に聴いてもらいたいです!(笑)」

4月23日に発売された「ファミソン8BIT☆アイドルマスター03 三浦あずさ/秋月律子」のジャケットイメージ。今回はメガネっ娘の律ちゃんと癒し系のあずささんの出番です
(C) 窪岡俊之 (C) NBGI

タイトル ファミソン8BIT☆アイドルマスター03 三浦あずさ/秋月律子
Voice & Song 三浦あずさ (cv:たかはし智秋) / 秋月律子 (cv:若林直美)
発売日 4月23日 (発売中) 品番 FVCG-1013
価格 2,415円
発売元 5pb. 販売元 メディアファクトリー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ここが変わった! キヤノン「EOS 5D Mark IV」 - Mark IIIと実機比較
[08:22 9/1] スマホとデジタル家電
Wi-Fiをオンにするやいなや「ポケモンGO」の現在位置が正確になります!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 9/1] スマホとデジタル家電
大東駿介、『曇天に笑う』で大刀のリアルな殺陣披露「派手に暴れ散らした」
[08:00 9/1] エンタメ
節電対策として家で行っていることは?
[08:00 9/1] マネー
総研大、縄文人の奥歯からDNAを抽出して核ゲノムの配列を決定
[08:00 9/1] テクノロジー

本音ランキング