JBoss Seam 2.0登場、Webアプリの開発をもっとシームレスに

JBossは5日(米国時間)、JBoss Seamの最新版となる"JBoss Seam 2.0 GA"を公開した。JBoss SeamはJava EE 5向けに開発されたWebアプリケーションフレームワーク。AjaxやJSFの統合を目指し、効率の高い開発を支援する。

8カ月間を超える開発期間の後でリリースされた2.0は、同開発チームにとっても大きな意味を持っている。いくつもの新機能があるが、特に注目すべきはJSF 1.2を統合したことと、Groovyの統合が進められたこと、Java EE以外のプラットフォームでも簡単に使えるように変更されたことだろう。文字通り、シームレスに開発が進められるように随所で改善が施されている。

多くの機能追加が実施されているが、デベロッパサイドの視点から見た場合はコードベースがシンプルになったという点が注目される。JSF 1.2の統合を実現したことで多くの問題が解決され、その場しのぎ的なコードが排除されている。またJBoss Toolsとの統合性の高さも注目ポイントだ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事