ケンウッド、今度の「Media Keg」は高音質ヘッドフォン付属でデザイン2種類

ケンウッドは、「Media keg」シリーズのデジタルオーディオプレーヤー「M2GD55」(2GBモデル)「M1GD55」(1GBモデル)「M2GD50」(2GBモデル)「M1GD50」(1GBモデル)の4製品を発表した。発売は、10月中旬を予定している。価格はオープンで、推定市場価格は、2GBモデルが1万5,000円前後、1GBモデルが1万2,000円前後。

「M2/1GD55」はクール系のデザインを採用する。ブラック/レッド/シルバーの3色

「M2/1GD50」は、カジュアル系のデザイン。ブルー/レッド/ホワイトの3色

同社のデジタルオーディオプレーヤーというと、徹底的に高音質を追求したHDDモデルが有名だが、今回発表されたGD50/55は、フラッシュメモリータイプの製品。コンパクトな筐体を採用していることや、コスト面から、HDDモデルのような制振構造の2重筐体や高音質技術などは採用されていない。

しかし、付属のヘッドフォンは、遮音性の高いカナル型。11.5mmの大口径ドライバーと伝送ロスの少ない平行コードを採用する高音質タイプで、アウトドアでもクリアなサウンドを実現している。

また、デジタルオーディオプレーヤーでは、カラーバリエーションを展開するというケースは多いが、GD50/55では、カラーに加えてデザインのバリエーション展開も行われている。GD55は、クール系で、GD50はカジュアル系だ。

再生可能な音楽ファイルは16kbps~320kbpsのMP3/WMA形式。CBR/VBRのいずれにも対応する(WMAのVBRでは32~355bps)。DRM 10にも対応しており、定額配信サイトなども利用可能だ。USBマスストレージクラスに対応しており、普通にファイルをドラッグアンドドロップするだけで楽曲の転送が可能だ。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで、3.5時間の充電で、MP3形式で約21時間、WMA形式で約16時間の連続再生が可能となっている。

「M2/1GD55」にはブラック、「M2/1GD50」にはホワイトのヘッドフォンが付属する

M2GD55/M1GD55/M2CD50/M1GD50
ヘッドフォン出力5mW×2
再生モード通常再生/1曲リピート/リピート/ランダム/ランダムリピート/A-Bリピート
サウンドモードBASS/POPS/ROCK/JAZZ/DANCE/VOICE
質量約38g

人気記事

一覧

新着記事