Google Code Serch、検索対象やランキング方法、アクセスなどを改善

米Googleは7月5日(現地時間)、Google Labsで提供しているソースコード検索サービス「Google Code Search」の機能改良を明らかにした。

従来の完全アーカイブやリポジトリに加えて、個々のコード・ファイルやコード・スニペットもインデックス化されるようになり、検索対象が拡大した。これにより「[LFractalCanvas] や [nph-refresh]のような検索で、より満足できる結果を得られるようになった」と同社ソフトウエア・エンジニアのAleksander Fedorynski氏。また、多くの検索においてクラスや関数定義が結果上位に置かれるなど、ランキング方法が調整された。

さらに、ブラジル、中国、フランス、ドイツ、イタリア、日本、韓国、オランダ、ポーランド、ロシア、スペインなど、米国以外のドメインからのCode Searchへのアクセスが追加された。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事