JBoss AS 4.2.0が正式公開 - EJB 3.0/JSF 1.2/Tomcat 6などに対応

JBossはJBoss Application Serverの最新版となる「JBoss Application Server 4.2.0」を公開している。4月18日(米国時間)には準備リリースであるJBoss Application Server 4.2.0.CR2を公開。予定どおり4.2.0を公開した。

JBoss Application Server 4.2.0は4.2.x系初のメジャーリリース。4.2.xシリーズはJ2EE 1.4準拠のアプリケーションサーバ実装。Java EE 5へは、現在開発中のJBoss Application Server 5系で対応が進められている。4.2.xは4.x系のマイクロカーネルアーキテクチャをベースとして開発されているが、5系からの新機能をいくつもバックマージしており、4系から5系への橋渡しを行うプロダクトという位置づけにある。

JBoss Application Server 4.2.0の強化ポイントとしては、Enterprise JavaBeans(EJB) 3.0の実装や、JSP 2.1/Servlet 2.5をサポートしているApache Tomcat 6.0の採用、JavaServer Faces 1.2の統合、デフォルトのトランザクションモニタとしてJBoss Transactions (Arjuna) JTA 4.2.3の採用、Hibernate 3.2.3のサポートなどが挙げられる。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事